『スクラッチトレード』とは?FXのリアル口座でやるべき特殊な練習方法

リアルでのスクラッチトレード

FXでお金を稼げるようになるためには、普段あまり語られることのない「ある大切な準備と練習」をしておく必要があります。

その「準備と練習」は、リアル口座をつかって実際にお金をリスクにさらしながら行うもので、そこには実戦さながらの真剣さが求められます。

こんにちは、FXトレーダーのmonoです。

今回は、その特殊で大切な「準備と練習」のことと、それを実践するときに大変役立つ「スクラッチトレード」について、詳しく解説していきます。

スクラッチトレードとは、簡単にいえば「エントリー後、損益がプラスマイナスゼロになったらすぐに決済してしまう」という、特殊なトレード練習方法のことです。

この記事の内容を実践すれば、あなたは鍛え上げられた新兵のように、FXという戦場で冷静かつ的確にトレードしていけるようになるでしょう。

FX初心者が受ける“厳しい洗礼”

あなたは、初めてFXトレードをしたときのことを覚えていますか?

虎の子の大金をリアル口座に入金してチャートを開き、チカチカと動く画面を見つめます。ドキドキする胸の鼓動、冷たくなってきた指先。目の前に映っているのは「利益への期待」、いや「利益の確信」でしょうか。

そして緊張しながら、おもむろにエントリーボタンをクリック。

画面には「約定しました」というアラートと「買い:○○万通貨」の表示。

「あっ、売買ロット数を設定するのを忘れてた!」

そこに表示されていたのは、予定にはなかった大きな買いポジションであり、一気に血の気が引きます。

「どうする……?今すぐ決済してしまおうか、でもいきなり○千円の損になるし……」

ハラハラしながら考えていると「ズドン!」とレートが下がります。含み損は一気に増え、怖くなってパニック状態になりながら「決済ボタン」をクリックします。

ところが、そこに表示されたのは「約定しました。買い:○○万通貨」という文字。

ああ、なんということでしょう。決済ボタンと間違って再び「買いボタン」をクリックしてしまい、さらにポジションをもってしまったのです。

しばらく呆然としながらも、その間にさらにレートは下がっていき、泣く泣く損切りをする結果になり、こうしてFXデビューはほろ苦いものとなりました。

トラブルの多くは準備不足が原因

そうなってしまった原因を一言でいえば、つまりは「準備不足」です。

FXトレードは、その見た目だけを見れば「買いか売りかを決めてマウスをクリックするだけ」でしかありませんから、何も難しいことはないように思えます。

しかし、そんな簡単な動作だったとしても、やはり事前にしっかりと予行練習をしておかないと、先程の例のように実戦でオロオロする羽目になります。

それに、準備不足だと精神的にも余裕がなくなって、ますますミスを呼び込みやすくなりますし、そうした負のスパイラルによってパニックに陥ってしまうと、自分でも思ってもみなかったような「とんでもない行動」をしてしまう可能性も生じます。

先ほどのエピソードでの「売りと買いを間違える」というのは、典型的なパニック行動のひとつです。

そして何よりも、「FXでのミスは、常に大きな損失に直結している」ということを忘れてはいけません。

例えるなら──トレードとは、壊れやすい宝物を両手に抱えながら、細い平均台の上を歩いているようなものです。

ほんの少しの気のゆるみによってバランスを崩せば、その大切な宝物もろとも落下してしまいます。

壊れてしまった宝物を見つめながら「もっと慎重に行動すればよかった……」と嘆いても後の祭りです。

このように、ちょっとしたうっかりミスが、あなたの証拠金に大きな傷を残す結果につながってしまいますから、そうしたミスの芽は早いうちに摘んでおく必要があるのです。

FXのリアル口座をつかって練習を行う

このブログを熱心に読んで下さっているあなたなら、お金を使ったリアルトレードを始める前に「チャート検証」や「トレード練習」をすることが大切だということは、きっとよくご存じだと思います。

これらはまさに、リアルトレードへ向けた“準備”なわけですが、しかしそれだけではどうしても足りないものがあるのです。

それは、リアル口座をつかって行う準備と練習です。

つまり、あなたの大切な資金がリスクにさらされた状態でやらなければ意味がない、そういう大切な「準備と練習」があるということです。

この「準備と練習」を行うことによって、リアルトレード中にオロオロと狼狽したり、パニックに陥ったりすることが減り、先程のエピソードにあったようなミスを防ぐことが出来るようになります。

これを本格的なリアルトレードへ向けた大切な一項目として捉えて、普段の検証やトレード練習と併せて、ぜひ実践していってもらいたいと思います。

この「準備と練習」の内容は、次のようなものです。

FXのリアル口座をつかって行う「準備と練習」

  1. トレードの発注操作を練習して、しっかりと慣れておく。
  2. リアルなポジションをもつことの心理的なプレッシャーに、徐々に慣れていく。
  3. 注文の通りやすさ(約定の速さやスリッページの大きさ)をチェックして、FX会社を選んでいく。

これらの準備と練習を、ひとつずつ個別に行っていっても良いのですが、実はこれらを一つの方法で実践することが出来る、とてもいい方法があるのです。

それが「スクラッチトレード」です。

スクラッチトレードとは何か?

スクラッチトレードとは?

スクラッチトレードとは、簡単にいえば「エントリー後、損益がプラスマイナスゼロになったらすぐに決済してしまう」という、特殊なトレード練習方法のことです。

エントリーして、レートがスプレッドの分だけ動いて損益が±0になったら、そこで決済する──これがスクラッチトレードです(反対方向へ動いたら小さく損切りします)。

これだけを見ると、一体なんのためにトレードしているのか分からないと思います。利益は得られず、ただ単に小さな損失を出しているだけにしか見えないでしょう。

しかしこれこそが、トレードの実戦的なスキルを向上させるための格好の手段なのです。

実際、欧米の投資機関やプロップファームでは、トレーダーを養成する際に活用されていて、新米トレーダーはこのスクラッチトレードで訓練をするとされています。

ちなみに「スクラッチトレード」という言葉は、元々はブレイク・イーブン(損益トントン)を意味する言葉です。
しかし欧米では、この特殊なトレード方法が訓練に用いられていることから、スクラッチトレードといえば「ブレイク・イーブン」ではなく「特殊なトレード方法」のことを指す場合が多いです。

スクラッチトレードをすることで得られるもの

一見すると、それをいくら繰り返しても、ただ小さな損失を増やしていくだけに見えるスクラッチトレード。

これをすることで一体どんなメリットがあるのでしょうか? その損失(コスト)に見合うものが得られるのでしょうか?

では、そのメリットをリストアップしてみます。

スクラッチトレードのメリット

  1. リアル口座での発注操作に慣れていくことが出来る。
  2. 資金をリスクにさらすことの心理的プレッシャーに慣れていくことが出来る。
  3. 自分が冷静にトレードできるロット数の限界を知ることが出来る。
  4. トレードルールに淡々と従い続けることを習慣にすることが出来る。
  5. 目の前の1トレードの結果ではなく、“統計”(一定回数のトレード結果)に注目できるようになる。
  6. 利用しているリアル口座の「約定力(取引注文の通りやすさ)」と「本当のスプレッド」を知ることが出来る。

このように、スクラッチトレードを行うことには数々のメリットがあります。

そして、先ほど示した「準備と練習」──(1)取引ツールに習熟すること、(2)リアルなポジションをもつ心理的プレッシャーに慣れること、(3)注文の通りやすさを確認すること──これらすべてを、スクラッチトレードによって満たすことが出来るのです。

これが、リアルトレードを始める前にスクラッチトレードをおすすめする理由です。

続いて、それぞれのメリットについて具体的に見ていきましょう。

①プレッシャーの中での発注操作に慣れていくことが出来る

実際にやってみると分かるのですが、ルールに従ってエントリーすると、そのときの値動きによってはエントリー直後に決済することになり、とてもせわしなく注文のクリックを繰り返すことになります。

その間も、ちゃんと約定されたのか、ロット数は正しいか、スリッページはどうだったか、といったことをチェックしていく必要がありますし、それらをデモトレード環境ではなく「大切な資金が実際にリスクにさらされた状態」で行わなくてはなりません。

このような心理的負荷が掛かった状態のなかで、シンプルなトレード判断と発注操作を何度も繰り返すことによって、ぐんぐん操作に習熟していくことが出来ます。

しかもスクラッチトレードでは、あらかじめトレード中の判断が最小限にとどめられているため、普通のリアルトレードよりも「判断ミスによるリスク」を抑えた環境で練習することが可能です。

②資金をリスクにさらす心理的プレッシャーに慣れていける

あなたが初めてリアル口座でポジションをもったとき、どんな気持ちがしましたか?

自分の大切なお金が、モニタ上で時々刻々と増減する様子を、冷静に見ていられましたか?

ちなみに、私の初めてのリアルトレードのときは、トレード手法もちゃんと理解しておらず、エントリー前からドキドキしていました。

いざクリックしたら、その瞬間からチャートからまったく目が離せなくなり、それどころかマウスを握る手が固まって動かせなくなり、全身から血の気が引いていったのです。

その後は怖くなって、訳の分からないまま微損で決済しました。その直後、激しい緊張から解放されて、まるで命が助かって逃げ帰って来たかのように、イスの上でぐったりとしてしまったのでした。

あなたがこれから取り組むスクラッチトレードでは、あらかじめトレードルールが明確に決まっている上に、決着がつくのも早いです。

やるべきことがハッキリと決まっていて、そのタイミングがすぐに何度も訪れるため、自然に無理なく反復練習をしていけます。

心理的プレッシャーに慣れるための基本は、シンプルな動作を何度も繰り返して、小さな成功体験を積み重ねていくこと。スクラッチトレードには、この「シンプルさ」と「小さな成功」が詰まっているのです。

こうしてスクラッチトレードを繰り返していくことで、資金をリスクにさらすプレッシャーに慣れていくことが出来ます。

③自分が冷静にトレードできるロット数の限界を知ることが出来る

スクラッチトレードを始めるとき、まずはそのリアル口座で発注できる「最小ロット」でエントリーします。

そこから徐々にポジションサイズ(ロット数)を大きくしていって、自分が冷静にスクラッチトレードを出来るかどうかを観察していくわけです。

観察ポイントとしては、例えば次のようなものがあります。

  1. 呼吸が浅くなる。
  2. 指先が冷えてくる。
  3. 腰がふわふわしてくる。
  4. 心拍数が上がる。
  5. 画面から目が離せなくなる。
  6. マウスから手を離せなくなる。
  7. etc…

こうした変化が観察できたら、そこがあなたのポジションサイズの限界です。

もうひとつ重要な観察ポイントは、「損切りに大きな苦痛を感じること」です。わずか2~3pipsの損切りにすら大きな苦痛を感じるようなポジションサイズは、すでにあなたの限界を超えています。

こうして、あなたが冷静にトレード可能な上限を知ることによって、それ未満のポジションサイズでのトレードに自信がもてるようになり、リアルトレードの安定感が増します。

④「トレードルールに淡々と従い続けること」を習慣にすることが出来る

スクラッチトレードのメリット

FXで利益を上げていくときに重要なのは、優位性のあるトレード手法をルール通りに繰り返していくことです。

これがとても大切なのですが、実際には実践できていないトレーダーが目立ちます。

多くのトレーダーがルール通りに繰り返せないのは、そのトレード手法が複雑だったり、裁量判断が多過ぎたりすることが原因の可能性があります。

その点、スクラッチトレードはルールがシンプルで、裁量判断も必要ないので、反復することが簡単になっています。

ですからスクラッチトレードを繰り返すことで、「ルール通りに繰り返す習慣」を自然と身につけていくことが出来るのです。

⑤“統計”(一定回数のトレード結果)に注目できるようになる

FXで勝つというのは、目の前の1つのトレードで勝つことではありません。勝ったり負けたりを繰り返しながら、トータルでどれだけの利益を残せるかが大事なのです。

そのためには「これを〇〇回やってみたら、〇〇回利益になった」という風に、一定回数のトレード結果をもとに“統計”を出していく必要があるのですが、これが出来るトレーダーは多くありません。

出来ない理由のひとつは、④でお伝えしたことと同様、トレード手法の複雑さや裁量判断の多さが原因の可能性があります。

ですので、ここでもスクラッチトレードを活用することによって、「同じトレードを繰り返し、その統計結果に注目する」という習慣を身につけられるようになります。

例えば、スクラッチトレードを数十回やってみて、ブレイク・イーブンで決済できたのが半分に満たなかったことが分かれば、次はそのトレードルールを別のものに変えて、ブレイク・イーブンの数の違いを見てみる──このような「検証作業のエッセンス」を体験することも可能です。

この「トレードルール」と「検証」についてはこの後、詳しく解説します。

⑥リアル口座での「取引注文の通りやすさ」と「本当のスプレッド」を知ることが出来る

スクラッチトレードでは、同じトレードを短時間に何度も繰り返しますので、いうなれば約定力やスプレッドの「定点観測」が出来るわけです。

宣伝で低スプレッドを謳っているFX会社の中には、約定のスリッページが大きく、実質的なスプレッドが大きくなっているところも散見されますし、ある特定の時間帯や指標発表の前後などで、スプレッドが大きく変動するところもあります。

こうしたことは普通、自分で実際にリアルトレードのなかで確かめていくしかないものなのですが、スクラッチトレードを使うことによって低リスクで確認することが可能です。

下の記事でおすすめしているFX口座も試しながら、あなたが納得できるリアル口座を探してみて下さい。

初心者がFXを始めるとき、「正しい知識」と「優れたトレード環境」を手にしてからスタートを切ることは、とても大きなアドバンテージ(有利さ...

このように、リアル口座の約定力とスプレッドを事前にチェックしておくことで、本格的なリアルトレードを始めてから「あれ、おかしいぞ?」という事態に陥らなくても済みます。

──いかがでしょうか?

このように数々のメリットがあるスクラッチトレードですが、いよいよ次からはその具体的な実践方法を解説していきます。

スクラッチトレードの方法

やり方自体はとてもシンプルで、エントリーしたら、スプレッドの分だけプラス方向へ動いたところで決済する──基本はこれだけです。

スクラッチトレードの方法

  1. エントリールール(後述)に従ってエントリーをする。
  2. その後レートがスプレッド分だけプラス方向へ動き、損益がプラスマイナスゼロになったら決済する。
  3. もしレートがマイナス方向へ動いていったら、-2~3pipsで損切りをする(決して粘ったりナンピンをしたりしない)。
  4. (1)へ戻り、これを繰り返す。

お分かりのように、スクラッチトレードをすると、そのトレード結果は常に「プラスマイナスゼロ」か「小さな損失」で終わり、決してプラスになることはありません。

しかしこれは、次のような目的のために、敢えてそうしているものなのです。

  • 意図的に「トレード判断が最小限で済む状況」を作るため。
  • 「目先の利益を求める“欲”」に影響されるのを防ぐため。

こうすることで、比較的リスクが少ない「実弾訓練場」で練習することが可能になるのです。

逆にいえば、通常のリアルトレードというものは、目先の利益を欲しがる感情のせいで冷静さを欠いた状態になりやすく、常にそんな中で難しい判断を求められているということです。

そうした難易度の高い環境で無理にリアルトレードをする前に、このスクラッチトレードという「実弾訓練場」で準備と練習をしておくことをおすすめします。

損切りの逆指値注文を入れて「シートベルトを締めておく」

スクラッチトレードでは、原則としてすべての操作を手動で行いますが、突発的な値動きで不慮の含み損を抱えないために、「損切りの逆指値注文」をエントリーと同時に発注するようにしましょう。

この損切りの逆指値注文は、エントリーから-5pipsに入れておけば十分です。

このような損切り注文を入れておくことの重要性については、下の記事で詳しく解説しています。

あなたはFXでエントリーするとき、損切り注文を入れていますか? 「ダメなときは自分で損切りするから、入れてないよ」という人も多い...

エントリーと同時に損切りの逆指値を入れる方法は、各FX会社の発注ツールの説明を参照して下さい。大抵は、発注画面に設定項目があるか、事前に設定画面で設定しておく形になっています。

スクラッチトレードで使うトレード手法

スクラッチトレードの方法

エントリーの具体的な方法は、アイデア次第でいくらでも考えられるのですが、「どうぞご自由に」といっても困ってしまうでしょうから、いくつかトレード手法(エントリールール)をお伝えしておきます。

なお、一応ブレイク・イーブンを目指してトレードするわけですが、それを「勝ち」だと思って執着しないように注意して下さい。

さて、スクラッチトレードのエントリーは普通のトレードとは違って、値動きの揺らぎの波長と噛み合うかどうかという部分が大きいので、トレンドフォローの考え方をそのまま使っても、あまり意味がありません。

あえて単純にいえば、エントリーのタイミングは次のどちらかになります。

  1. 値動きが順行する勢い(モメンタム)に乗る。
  2. その勢いが一旦逆方向へ戻る流れに乗る。

このような小さな値動きの波に乗ろうとするため、スプレッド幅の大小によって、あるFX会社のリアル口座ではブレイク・イーブンで決済できても、別のFX会社のリアル口座だと出来なかった──というケースも出てきます。

また、同じエントリータイミングでも、そこで買うのが好ましいケースと、売るのが好ましいケースの両方があり得ます。

こうしたことを念頭に置きながら、スクラッチトレードの目的である「準備と練習」のこと、そして「得ようとしているメリット」を忘れないようにして実践していきましょう。

もし、ブレイク・イーブンという結果にこだわり出したら、イエローカードが出たと思って一度立ち止まって下さい。

エントリールールその1.

  • 使うチャート:1分足から5分足までのいずれか。
  • ローソク足が陽線で確定して、次の足が手前の足の高値を抜けたら「買い」エントリー。
  • ローソク足が陰線で確定して、次の足が手前の足の安値を抜けたら「売り」エントリー。

スクラッチトレードのエントリー方法1

このエントリー方法は、「一時的なモメンタム(レートが順行する勢い)」に乗るタイプのエントリーです。

しかし、直近の高値・安値を抜けるタイミングというのは、利益確定をしようとするトレーダーたちの決済注文も多く入ってくるポイントなので、エントリー後、瞬間的に押し戻されるような形で損切りになる可能性がありますので注意して下さい。

また、状況によっては、このタイミングで逆張りをした方がブレイク・イーブンの確率が高まる可能性がありますので、このルールであまりに損切りが多い場合は、「売り」と「買い」を反転させてみる価値があります。

こうしたことを判断するためには、しっかりとトレード結果を把握して統計を出すことが必要です。

例えば、20回エントリーして14回損切りになったのなら、次の20回は「売り」と「買い」を反転させて同じようにトレードしてみて、結果を比べてみましょう。

これが「検証」というものです。

エントリールールその2.

  • 使うチャート:1分足から5分足までのいずれか。
  • 1本前のローソク足の安値の1pips手前で「買い」エントリー。
  • 1本前のローソク足の高値の1pips手前で「売り」エントリー。

スクラッチトレードのエントリー方法2

このエントリー方法は、直近の安値での「買い支えの動き」に乗るタイプのエントリーです(売りの場合は、この逆)。

ある程度の下ヒゲが現れた場合、その安値で買い支えられたことを示しています。そのため、再度その安値付近で反発する可能性がありますので、その反発の動きを利用していきます。

しかし、反発せずに直近の安値を抜けて、そのままレートが走っていく(急落していく)可能性が十分ありますから、油断せずに損切りをして下さい。

注意点としては、1本前のローソク足の下ヒゲが短く、安値までの値幅が狭すぎる場合は見送ります。

スクラッチトレードのエントリー方法3

この「見送る値幅」は、事前に〇pipsと自分で自由に決めておいて構いません。肝心なのは、その決めた数値を守り続けることです。

その他のエントリールール

この他にも、ティックチャートを見て、一方向へ連続でティックが動いたらその方向へエントリーする方法や、単純に「陽線が確定したら買い」「陰線が確定したら売り」とする方法もあります。

スクラッチトレードのエントリー方法は、あくまでもポジションを持つ“きっかけ”として使うものだということを、あらかじめよく理解しておいて下さい。

繰り返しますが、スクラッチトレードには「勝ち」というものはありませんし、トレード結果は「統計を出して検証すること」を実体験するために利用しましょう。

リアル口座で行うスクラッチトレードの方法~まとめ

FX初心者は、いきなりリアル口座でトレードを始めても、上手くトレード出来ないものです。

ポジションを持っただけで心臓がドキドキして冷静でいられず、しかも取引ツールにも慣れていませんから、エントリーや決済でオロオロして「売り」と「買い」を間違ったりしてしまいます。

そんな状態でFXトレードを繰り返していけるはずがありませんので、そうならないための「準備と練習」が必要になってきます。

そこでおすすめしたいのが、リアル口座でスクラッチトレード(損益トントンにするトレード)を行うことです。

リアル口座でスクラッチトレードを行うことによって、取引ツールに習熟すること、リアルなポジションをもつ心理的プレッシャーに慣れること(そして自分の限界を知ること)、注文の通りやすさ(約定の速さやスリッページの程度)を確認すること──これらが可能になります。

欲をかいて焦ってリアルトレードを始める前に、このスクラッチトレードを実践してみることをおすすめします。

以上、『スクラッチトレード』とは?FXのリアル口座でやるべき特殊な練習方法──についてお伝えしました。

こちらの記事もおすすめです

初心者がFXを始めるとき、「正しい知識」と「優れたトレード環境」を手にしてからスタートを切ることは、とても大きなアドバンテージ(有利さ...
「デモトレードだと、緊張感がないから意味がない」とか、「少しでもお金が掛かっているほうが経験になる」という意見、あなたも聞いたことあり...
初心者がFXで勝てるようになるためには、トレード手法を手に入れるだけでは不十分です。必要なのは、専業トレーダーとしてのスキルを身につけ...
誰もがぶつかる困難な壁のひとつ『チキン利食い』。 もし、チキン利食いを克服する方法があるとしたら、あなたは知りたいですか? ...