『ヘッドアンドショルダー(三尊天井)』とは?その意味とトレード方法

ヘッドアンドショルダーのイメージ写真 FXの手法&テクニカル分析

ヘッドアンドショルダーといえば、相場の世界ではとても有名なチャートパターンです。別名「三尊天井」とも呼ばれます(底で現れると逆三尊)。

こんにちは、FXトレーダーのmono(Twitter@fxmono1)です。

今回は、ヘッドアンドショルダーとは何なのか、その成り立ちとトレード方法について、相場参加者の集団心理を踏まえながら詳しく解説していきます。

そもそも、なぜこんな名前なのか?

テクニカル分析の基礎パターンのひとつであるヘッドアンドショルダー。先ずはこの名前の由来について、少しお伝えしておきましょう。

「名は体を表す」というように、このパターンはまさに名前がすべてを表しているというくらい、“そのまんま”なのです。

中央の最高値の部分が「ヘッド(頭)」、両脇の高値の部分が「ショルダー(肩)」ということです。実にシンプルです。

ヘッドアンドショルダーのシンプルな図

日本名の「三尊天井」は、その名前を聞いてもピンとこない人が多いと思います。

ちなみに「三尊天井」の由来は、兵庫県小野市にある小野浄土寺というお寺にまつられた「阿弥陀三尊立像」がモデルになっています(何と快慶の作です)。

中央に大きな如来像があり、その両脇には菩薩像が並んでいて、三体が並ぶその姿がこのパターンそっくりだというわけです。

ヘッドアンドショルダー(三尊)でうまくトレードするには?

前回の「ダブルトップ・ダブルボトム」の記事で詳しくお伝えしたように、トレード戦略を立てる上で重要なのは、大きな相場の流れ(トレンドの有無とその方向)であり、そこにあらわれる集団心理です。

相場の流れと集団心理を無視して、ただチャートパターンを機械的に判断してトレードしても、まったく上手くいきません。

ヘッドアンドショルダー(三尊)という「反転パターン」を使ってトレードするときに大切なのは、他の反転パターン同様に、そのパターンが現れた場所が「チャートの転換点となり得るポイントなのか?」ということです。

つまり「そのパターンが現れた状況」を正しく把握することが大切であり、さらに「集団心理がどう働くか」を考えておく必要があるのです。

このことについては、前回の「ダブルトップ・ダブルボトム」の記事で、詳しく取り上げました。

ここはテクニカル分析においてとても大事な部分なので、前回の記事を読んでいない場合は、ぜひそちらから読んでおいてください。

『ダブルトップ・ダブルボトム』の意味とトレード方法とは?相場心理を読む
あなたは、ダブルトップやダブルボトムのチャートパターンで、思ったようにトレードできていますか?教科書的に「ネック...

ヘッドアンドショルダー(三尊)での集団心理を解剖する

ではここからは、ヘッドアンドショルダー(三尊)が出来ていくプロセスを追いながら、そこにあらわれる集団心理を見ていくことにしましょう。

下の図は上昇トレンドの動きを表していて、その押し安値には赤いラインを引いてあります。

ヘッドアンドショルダーのプロセスの図1

レートが高値をつけて反転下降し始めたところです。

この段階では、買いポジションをもっているトレーダーたち(買いの勢力)は、トレンドがまだまだ続いてくれることを願っている状況です。

買いポジションをもっているトレーダーは、緑のラインがサポートラインになって、再上昇してくれることを期待しています(ロールリバーサルへの期待)。

集団心理的には「絶賛、上昇トレンド中だよね!」といった感じで、ひとことで言って「さらなる利益を期待している状態」です。

雲行きが怪しくなるが、まだ上目線

ヘッドアンドショルダーのプロセスの図2

緑のサポートラインではレートは止まらず、下抜けていきました。

下落するレートは、そのまま赤いラインの「押し安値」までやってきましたが、そこで一旦反発を見せました。

この時点で、この押し安値のラインはネックラインと呼ばれるようになり、目ざとい相場参加者がヘッドアンドショルダー(三尊)を意識し始めるのは、この辺りからになります。

この状況を前にして、買い勢力のトレーダーたちはヒヤッとしているに違いありません。

先程まであんなにトレンド継続を喜んでいたのに、ちょっと雲行きが怪しくなってきました。

とはいえ、まだ押し安値を下抜けたわけではありませんから、上昇トレンドが否定されたわけではありません。トレンドの定義として依然として上昇トレンドは継続中(上目線)ですし、集団心理的には「まだまだこれからだぞ!」という雰囲気です。

ここで、もし「トレンドの定義や上目線って何のこと?」と思ったなら、以下の記事で「トレンドの定義と目線の定め方」について理解してください。

ダウ理論でトレンドを定義して「目線の切り替え」をする方法とは?
ダウ理論をつかって目線を定め、状況の変化に応じて目線を切り替えていくことは、テクニカル分析(チャート分析)の基礎となる重...

押し安値付近はエントリーチャンスでもある

ヘッドアンドショルダーのプロセスの図2

実際こういう場面では、「買いポジションをもつチャンスだ」と判断するトレーダーは数多くいます。

なぜなら、押し安値の下に損切り注文を入れることで、狭いロスカット幅でポジションをもてるチャンスでもあるからです。

チャート検証をしていると分かりますが、押し安値戻り高値に到達したタイミングでは、一度はこうした反応が見られるものです。

このように、押し安値で反転したレートを見ていた買い勢力の集団心理としては、「よしよし、このまま高値を更新していってくれ!」という期待がふくらみ始めます。

急転直下の大ピンチ到来

ヘッドアンドショルダーのプロセスの図3

ところが高値更新をするどころか、そのずいぶん手前で反転して、高値を切り下げる値動きを見せてしまいました。

これを見た買いの勢力は、にわかに焦り始めます。

レートが押し安値まで下落してきたことに加えて、今回は高値を切り下げる値動きが現れてしまいました。

押し安値まで下落したときは、まだまだ上昇トレンドが継続中(上目線)だと思っていたとしても、こうした値動きになってしまっては、楽観的なことは言えなくなってきます。

集団心理的には、買いの勢力はかなりの不安をもって相場に注目することになります。

この記事での「高値と安値の切り上げ・切り下げ」の判断については、ダウ理論の記事で補足説明した「実践的な判断方法」を前提にして解説しています。

ちなみに、この「高値の切り下げ」を見て、「もう上へはいかないだろう」と判断した売りトレーダーがエントリーしてきます。つまり「ヘッドアンドショルダーが成立するかも?」という気の早いトレーダーたちが行動を起こすのが、このタイミングなのです。

あなたもこのタイミングでエントリーしたくなるかもしれませんし、そのトレードを否定はしませんが、しかしそれは「まだ上昇トレンド(上目線)の中での、積極的なリスク選好だ」ということを理解しておいてください。

つまり再び高値を更新していく可能性が、まだまだ残っている状況ということです。

ヘッドアンドショルダー(三尊)完成間近の攻防

ヘッドアンドショルダーのプロセスの図4

そしてレートは、ついに再び押し安値(ネックライン)に到達してしまいました。

買いの勢力はもう、ハラハラドキドキです。

ネックラインの下には、「買いポジションの損切り注文」がズラリと並んでいることは明らかです。

ですから買い勢力のトレーダーたちは、ネックラインを下抜けて損切りになってしまうことを、とても恐れている状況です。

また「高値の切り下げ」を見て、「もう上へはいかないだろう」と判断した売り勢力のトレーダーたちも参戦し始めています。

そうなると、ここで買い勢力と売り勢力の激しい攻防が始まる可能性が出てくるのです。

その結果、例えば下のようなチャートになることがあります。

ヘッドアンドショルダーのプロセスの図5

ネックラインの上で、売り買いの大混戦になってしまうケースです。

こうなってくると、もう「ヘッドアンドショルダー」とは呼べませんので、様子見するか、大きな時間足チャートの状況を踏まえながら、改めて「レンジ」としてトレード戦略を立て直す──ということになります。

そして決着がついて大きく動き出す

ヘッドアンドショルダーのプロセスの図6

ネックラインを抜けたそのとき、ついに買い勢力の損切り注文(=決済の売り)がなだれのように執行され、レートは下落していくことになります。

集団心理的には、買いポジションをもったトレーダーたちはパニック状態で、我先に逃げ出そうとするか、恐怖に固まってしまい大きな含み損を抱えることになります。

そしてその混乱に乗じて、勇気のある売りトレーダーたちが、新規の売り注文で参戦してくるのです。

実際には、レートは私たち個人トレーダーの小さな資金だけで動くことはなく、実質的にはヘッジファンドや金融機関など「大口トレーダーの巨大な資金力」がレートに影響を及ぼしています。

FXのメインプレーヤーは彼ら大口トレーダーです。

ですから「多くの相場参加者たち」「買い勢力と売り勢力」とは、「多くの大口トレーダーたち」「大口の買い勢力と売り勢力」と言い換えることが出来ます。

ヘッドアンドショルダー(三尊)でのトレード方法

ヘッドアンドショルダーのプロセスの図7

ヘッドアンドショルダーでのトレードの基本としては、この「ネックライン抜け」のタイミングでエントリーすることになります。

安全策としては、そこからさらに戻ってきて、ネックライン付近で反転下降してきたポイントでのエントリーをおすすめします。

しかし、ヘッドアンドショルダー成立からの下落は、なだれのように一気に動いていく傾向があります。ですから、損切り幅とポジションサイズを調節して、ライン抜けのタイミングで飛び乗っていくことは正攻法のトレードだといえます。

このネックライン抜けの場面は、売り買いの攻防が激しくなるため、素直なパターン(N字パターンによる戻り)にはならないことも多いです。

そのため、抜けた直後の積極的なトレード方法や、戻りの状況を確認しながら、何らかの根拠(局所的なもみ合いダブルトップ)を背にしてエントリーする方法などを、場面に応じて使い分けていくことが求められます。

この辺りの内容は、また別の記事でお伝えしていきます。

ヘッドアンドショルダー(三尊)の意味とトレード方法~まとめ

ということで、テクニカル分析の基礎パターンの一つであるヘッドアンドショルダーについて、その集団心理の変化に注目しながら、パターンが出来ていくプロセスと、その中でのトレード方法について解説してきました。

ダブルトップ・ダブルボトムのときと同様、ここでも大切なのは押し安値(戻り高値)の存在でした。

特にヘッドアンドショルダーでは、押し安値ラインがネックラインとなるため、自然とその重要性が増します。

ヘッドアンドショルダーでも大切なのは、大きな時間軸の状況

そして忘れてはいけないのが、大きな時間足チャートの状況です。

具体的には、大きな時間足のサポートレジスタンスラインとの位置関係や、大きな時間足のトレンドの状態です。

ヘッドアンドショルダーも反転パターンですから、大きな時間足から見て「反転して然るべき場面」だと分かる状況で小さな時間足にパターンがあらわれると、その信頼性は高まります。

集団心理を読むことの優位性

最も重要なのが、集団心理の変化をチャートから読み取っていくことです。

「どのラインを抜けると、相場参加者たちが不安や恐怖を感じるか」ということを考えながらチャートを見ることによって、みんなが感情的に一方向へ動いているときに、あなたは冷静にその動きを利益に変えることが出来るようになっていきます。

ヘッドアンドショルダーには大小さまざまな形がありますが、集団心理的にはどれも共通したものがあります。

ですから、次のような意識でヘッドアンドショルダーを見ることで、あなたもどんどん応用が効くようになってくるでしょう。

  1. 切り下がった高値や安値を見たトレーダーはどう感じるか?
  2. そのラインを抜けたら、だれが困るのか?

以上、『ヘッドアンドショルダー(三尊天井)』とは?その意味とトレード方法についてお伝えしました。

もしもダブルトップ・ボトムの記事を読んでいないなら、ぜひこの機会に読んでみてください。あわせて読むことで、ヘッドアンドショルダーの理解も深まるはずです。

『ダブルトップ・ダブルボトム』の意味とトレード方法とは?相場心理を読む
あなたは、ダブルトップやダブルボトムのチャートパターンで、思ったようにトレードできていますか?教科書的に「ネック...

(無料)おすすめのテクニカル分析の入門書

ここで一冊、無料で手に入るおすすめのFX入門書『維新流トレード術』を紹介します。

この『維新流トレード術』はテクニカル分析の入門書で、相場の大衆心理(集団心理)を背景にしたテクニカル分析について、初心者にも分かりやすく解説された本です。

チャート画面の向こう側には、あなたと同じように値動きから利益を得ようとする「人」がいて、彼らと戦って勝つためには「相場の大衆心理」を理解する必要があります。

チャートを前にして、あなたがハラハラドキドキ感情的になってしまうのと同じように、チャートの向こう側にいる多くのトレーダーたちも感情的になっています。

これは人間である以上は避けられない面があるわけですが、要するに「市場参加者たちは感情的に行動している」のであり、相場の大衆心理(群集心理・集団心理)を知ることがFXで結果を出すための重要要素なのです。

こうした大衆心理の仕組みを知らないまま、初心者がいきなりトレード手法だけを手にしても、チャートの前で右往左往するだけになるでしょう。

まずはこの『維新流トレード術』を読んで、トレードの世界がどういうものなのか、そして相場の大衆心理に基づいたテクニカル分析がどういうものなのかを、しっかりと理解しておきましょう。

『維新流トレード術』は出版社の販促キャンペーンとして配布されている本なので、申し込むと広告メールが届きますが、このようなしっかりした内容のFX本が無料(送料のみ)でもらえるのは大変お得なので、この機会にぜひ手に入れておいて下さい。

詳しくは下のリンクからどうぞ。

リンク 『維新流トレード術』の詳細はこちら

次回予告

次回は、チャートパターンの第三弾として、レンジ相場で見られるパターンについて取り上げ、そこで見られるパターンの意味やトレード方法について詳しく解説してきます。

それでは、下のリンクからどうぞ。

『レンジ相場』とは?その意味とパターンごとの攻略方法を解説
FXの値動きの8割以上を占めると言われている「レンジ相場」。そのレンジ相場をどう攻略して稼いでいくかは、あなたの利益に直...

こちらの記事もおすすめです

テクニカル分析(チャート分析)の基礎と基本。FX初心者必読の8記事
FX初心者のあなたは、「トレードで勝つにはテクニカル分析を知らないといけない」と聞いて、ネット上の情報を求めて検索したり...
『セットアップ』とは?その意味とトレード手法の重要部品の作り方
「トレード手法を作っているけど、なかなか勝てるルールが出来ない……」もしかしたらそれは、トレード手法の作り方が間...
『トリガー』とは?その意味とFXのエントリー手法の作り方
「トレード手法を作っているけれど、どこでエントリーすれば勝てるのか分からない……」そんな悩みを抱えるあなたに、ぜ...
FX用語集トップページ
辞書としてだけではなく、コラムや読み物としても楽めるFX用語集。トレードの実践的な内容も掘り下げて解説しています。
タイトルとURLをコピーしました