ダウ理論でトレンドを定義して「目線の切り替え」をする方法とは?

お札でできたトレンドのイラスト

ダウ理論をつかって目線を定め、状況の変化に応じて目線を切り替えていくことは、チャート分析の基礎となる重要なスキルです。

こんにちは、FXトレーダーのmonoです。

前回の記事では、チャートの状況を判断するための基礎として、「トレンド状態」と「レンジ状態」という2つのパターンに分けて考える、ということを知ってもらいました。

今回は、その2つのうちの「トレンド」について、ダウ理論というとても役立つ法則をつかいながら、トレンド状態を明確に判断して目線を切り替えていく方法について解説します。

前回の記事を読んでいない場合は、こちらからどうぞ。

初心者がFXの世界で生き残り、そして利益を得ていくためには、必ず知っておいて欲しい知識と、身につけて欲しいスキルがあります。 そ...

トレンドについての「明確な基準」をもつ必要がある

トレンドとレンジの見分け方は、知識としてはもうアタマに入っていると思います。

では、それを実際の動くチャートで判断していけるかどうか、といえば、これはまた別の話になってきます。

あなたは今のところ、止まったチャートの「過去も未来もよく見えている状態」では、トレンドもレンジもそれなりに判断できるでしょう。

しかし、リアルタイムで動くトレードの実戦においては、それではまだまだ役に立ちません。

未来がわからない状態で、その場で明確な自分なりの判断ができるようになるためには、トレンドについての「明確な基準」をもつ必要があります。

トレンドには上昇と下降の二種類がある

前回の復習になりますが、チャートの値動きに方向感がある状態を「トレンド状態」といい、それはパッと見て、「ああ、上へ動いているな(下へ動いているな)」とわかるものでした。

「上へ動いている」という状態を「上昇トレンド」といい、目線を上に定めていることから「上目線」ともいいます(株式相場などでは「買い目線」とも呼ばれます)。

目線とは?
「目線」とは、今のチャートに対して「自分は買いと売りのどちらが有利だと見ているか?」を示すものです。詳しくは、後ほど解説します。

上昇トレンド(上目線)の図

そして、反対に「下へ動いている」という状態を「下降トレンド」といい、同じくこれも「下目線」といいます(同じく「売り目線」とも呼ばれます)。

下降トレンド(下目線)の図

トレンド状態には、このように「上昇トレンド」と「下降トレンド」の二種類があります。

基本的にトレンドには、この二種類しかないわけですが、実際のチャートでは”ややこしい場面”に出くわすことになります。

「上昇?下降?それとも?」トレンド判断に迷うケース

「つまり値動きに方向感があるかどうかをみて、それが上か下か判断すればいいんでしょ?」と、あなたは「簡単だな」と思ってうなずいているかもしれません。

しかし、実際には判断に迷う場面がいくらでも現れます。

例えば、こういう状況だったら、どう判断しますか?

トレンド判断に迷うケース1の図

「パッと見たところ、方向感は上だと思うけど、真ん中と最後では下がっていってるぞ……」

では、これはどうでしょうか?

トレンド判断に迷うケース2の図

「大きく下げてきたんだから、そこは下降トレンドだと思うけど、そのあとは上昇し続けてるから、上昇トレンド?」

どうでしょう、迷いますよね?

そして実際のチャートでは、こういった判断に迷うようなケースの方が圧倒的に多くなってきます。

トレンド判断の強い味方「ダウ理論」登場

こうしたトレンド判断の問題において、強い味方になってくれるものがあります。

それが「ダウ理論」です。

ダウ理論を用いることによって、トレンドの判断に明確な基準をもつことができます。ですから、いま見てもらったような判断に困る場面でも、現在が上昇トレンドか下降トレンドなのか、それともトレンドが終わった状態なのかを、ちゃんと判断できるようになるのです。

そうなれば、買いか売りか、今どちらの方向へトレードするのが優位性が高いのか、その判断ができるようになります。

この判断のことを「目線を定める」といいます。この「目線」は、相場状況の変化に応じて切り替えていく必要があり、これを「目線の切り替え」といいます。

そして、これはトレード戦略を立てる上での重要事項になります。

ここからは、ダウ理論をつかったトレンド判断の理解を通して、目線を定めたり切り替えたりしていく方法を解説していきます。

ダウ理論の6つの法則

さて、ダウ理論は6つの法則からできていて、それぞれに意味があるものなのですが、実際のFXトレードにおいては、そのうちのいくつかを理解しておけば大丈夫です。

  1. 平均はすべての事象を織り込む。
  2. トレンドには3種類ある。
  3. 主要トレンドは3段階からなる。
  4. 平均は相互に確認されなければならない。
  5. トレンドは出来高でも確認されなければならない。
  6. トレンドは明確な転換シグナルが発生するまでは継続する。

これだけを見ると、「何がなんだかわからない」といった雰囲気がありますが、これから噛みくだいて解説していきますので、安心してください。

FXトレードで重要になってくるのは、1、2、3、そして6番目の法則ですので、それらを順に説明していきます。

ダウ理論1.「平均はすべての事象を織り込む」

「平均ってなに?」と思いますよね?

これは、「チャート上にあらわれるレート(価格)そのもの」のことです。

といっても、恐らく「?」だと思います。

FXの場合、経済指標の発表や大事件、要人の発言、様々なニュースなど、世の中のあらゆる出来事が要因となってレートが動いています(これを「ファンダメンタルズ」といいます)。

ならば、そういったあらゆる出来事を踏まえてトレードしなくてはいけないのかというと、そうではないのです。

何かの出来事が原因となって、「買いだ!」「売りだ!」という人々の思惑が生まれるわけですが、そもそも、それをあなたが知ることは不可能なことですし、そんなことを知ろうとする必要もありません。

なぜなら、そうした人々の思惑がどういうものにせよ、その思惑からの売買行動は値動きとしてチャート上にハッキリとあらわれるからです。相場参加者の本音は、値動きとしてチャート上に包み隠さず表示されているのです。

あなたは、そうやってチャートにあらわれた「人々の思惑の真実の姿」を利用すればいいのです。

そして、このことを示しているのが、ダウ理論の『平均(価格・値動き)はすべての事象を織り込む』というものなのです。

つまり、ダウ理論は、「値動き・レートそのものが、相場参加者すべての人々の真実の姿をあらわしているんだよ。だから、チャートがすべてだよ」と教えてくれているのです。

ダウ理論2.「トレンドには3種類ある」

「あれ? トレンドは上昇と下降の二種類じゃないの?」と思ったなら鋭いです。

ダウ理論でいうところの「3種類のトレンド」とは、それとは別のものなのです。

「上昇・下降トレンド」というものが「方向感のこと」だとするなら、「3種類のトレンド」とは「トレンドの規模・サイズのこと」だと思ってください。

つまり、こういうことです。

日足チャートが上昇トレンドになっていたとします。

そのチャートを15分足にしてみると、日足では上昇トレンドだった部分が、15分足では上昇トレンドと下降トレンドとレンジが、入り混じった状態になっていることがわかります。

ダウ理論2の解説図

つまり、各時間足ごとに個別のトレンドをもっているということであり、大きなトレンドの波のなかに、中規模の波が、さらにそのなかに小規模の波が入っているということなのです。

ダウ理論では、これを「3つのトレンド」と呼んでいるということです。

あなたが見ているチャートが1時間足だったとしましょう。

そのとき、「1時間足はレンジだけど、日足では上昇トレンドだな」とか、「1時間足は上昇トレンドだけど、5分足では下降トレンドだぞ」というふうにチャートを見ていくことが、優位性のあるトレードをする上でとても重要になってくるのです。

ダウ理論3.「主要トレンドは3段階からなる」

また出ました「3」。

3段階とは、どういう意味でしょう?

これは、ひとつのトレンドが始まりそして終わっていく過程で、3つの段階が見られるということを示したものです。

ダウ理論法則3の図

「先行期」とは、「そろそろトレンドが始まるでしょ」という思惑をもったトレーダーたちによってつくられる、トレンドの初期状態です。

「追随期」とは、「トレンドが始まったぞ!」と判断したトレーダーたちが、次々と相場に参加してきている状況です。

このあたりで、誰が見てもトレンドだとわかる状態になってきます。

「利食い期」とは、「どうみてもトレンドだ!乗り遅れたくない!」という後追いトレーダーたちが遅れて参入してくる時期であり、また、先行期や追随期でポジションをもっていたトレーダーたちが利食い(利益確定)をする時期でもあります。

その後は、利食いの売り注文や、遅れて参入したトレーダーの損切り注文が合わさって、大きく下落していき、一旦、トレンドが終了します。

ここでは、詳しく理解しようとするよりも、「トレンドは、あやふやな時期からはじまって、だれが見てもトレンドだとわかる時期を経て、最後にひと盛り上がりして、そして終わっていくんだな」というふうにイメージしてもらえれば十分です。

ダウ理論6.「トレンドは明確な転換シグナルが発生するまでは継続する」

4番目と5番目は、今回の内容とは直接的な関係はないので、解説は省略します。

さて、この6番目がダウ理論ではもっとも重要なもので、ほかは忘れても、これだけは忘れないでほしい重要なポイントになります。

トレンドは、いつまでも永遠に続くものではありません。いつかは終わり、レンジになったり反転していったりします。

トレードをしていて悩ましいのは、「いま、トレンド状態なのか?」を判断することです。

そして、トレンド中だったなら「いつトレンドが終わったと判断すればいいのか?」ということが問題になります。

これらの悩ましい判断を助けてくれるのが、ダウ理論の6番目の法則『トレンドは明確な転換シグナルが発生するまでは継続する』なのです。

その「明確な転換シグナル」を理解することで、いまトレンドがどういう状態なのかを判断できるようになります。

では「明確な転換シグナル」を理解していくために、順を追って解説していきましょう。

ダウ理論におけるトレンドの定義とは

まずはトレンド状態というものをハッキリと定義しておきましょう。

トレンドの定義もダウ理論で明確になっていますので、初めにそれをお伝えします。

ダウ理論によるトレンドの定義

  1. 上昇トレンド=「高値が切り上がり、安値も切り上がっている状態」
  2. 下降トレンド=「安値が切り下がり、高値も切り下がっている状態」

トレンドの定義の図

高値が切り上がっていて、それと共に安値も切り上がっています。この条件を満たす状況のことを上昇トレンドと定義します(下降トレンドは、この逆)。

つまり、高値と安値が切り上がり続ける限りは、上昇トレンドは継続しているということです。

このようにダウ理論では、「高値と安値がどうなっているのか」に注目して、トレンドかどうかを判断していきます。

あらためて、これまでの図を見てみると、このダウ理論の定義に当てはまっていることが分かります。

上昇トレンドの図下降トレンドの図

トレンドの「明確な転換シグナル」とはなにか?

トレンドにおいて重要なのは「高値と安値がどうなっているか」であることが明らかになりました。

ということは、この高値と安値をみていくことで、「トレンド状態」なのか、それともトレンドの継続に黄信号がついて「トレンドが一旦終わった状態」なのか、さらには「反対方向のトレンドが始まった状態」なのかが分かるようになるのです。

そこでまず注目してほしいのが、「最高値のひとつ前の安値」と「最安値のひとつ前の高値」です。

重要な高値安値の図

この安値を下抜けたり、高値を上抜けたりするということは、「高値と安値が切り上がっている」という状態が崩れることになり、つまりトレンドの定義から外れることになります。

ですからそれは「トレンド状態ではなくなった」ということを示しているのです。

ということは、この安値と高値はトレンド判断の上で、とても重要なポイントということになります。

この重要ポイントには、ちゃんと名前があり、それぞれ「押し安値」と「戻り高値」と呼びます。

この「押し安値」と「戻り高値」をレートが抜けると、トレンドの定義から外れるため、それまでのトレンド状態は終わったことになり、さらにはトレンド転換する可能性が生じます。

では、ダウ理論のトレンドの定義にしたがって、トレンドが転換していく状況を見てみましょう。

トレンド転換の図

上昇トレンドの押し安値を下抜けて、安値が切り下がり、さらに高値も切り下がったタイミングで下降トレンドへと転換した様子がわかります。

まず、上昇トレンドの場合、押し安値を下抜けたら、そこで上昇トレンドは終わりということであり、これがダウ理論のいう、トレンド終了を示す「明確な転換シグナル」なのです。

ただ注意しておきたいのは、押し安値を下抜けても、高値を切り下げない限りは(上昇トレンドは終わっているものの)、まだ下降トレンドにはなっていないという点です。

上昇トレンド継続の図

上の図では押し安値を下抜け、一旦は上昇トレンドが終了しました。

しかし、この時点では高値はまだ切り下がっていませんので、「下降トレンドが始まった」とは判断しません。

この状況では、上昇トレンドの定義からは外れてしまっているので、上昇トレンドではなくなっていますが、まだ下降トレンドの定義には当てはまっていないのです。

ですから、まだ上昇・下降どちらのトレンドにもなる可能性がある(上昇トレンドが再開する可能性を残している)と判断できるわけです。

そして上の図ではその後、上昇トレンドが再開してレートは上昇していきました。

ここまで分かれば、あなたにも目線が定められる

ここまでの内容についてきてくれたあなたなら、自分で目線が定められるようになるまで、あと一歩です。

目線が定められれば、トレード戦略を立てる上での大きな武器となります。

目線を定めるとは、どういうことか?

ここで改めて、「目線を定める」ことについて説明しておきましょう。

「目線」とは、いまのチャートに対して、あなたが買いと売りのどちらが有利だと見ているか?を示すものです。

ですから「目線を定める」というのは、「そのトレンドは、まだ継続しそうなのか?」「トレンドが転換しそうなのか?」を判断して、買いと売りのどちらの側に立つのかを決めることです。

あなたがチャートを見て、何らかの理由で「買いが有利だ!」と判断したなら、その時あなたは「上目線に定めた」ということなのです。

そして、その何らかの理由として有効なのがダウ理論というわけです。

ダウ理論をつかって目線を定める方法

具体的な目線の定め方はシンプルです。

高値と安値が切り上がっていて上昇トレンドなら、押し安値を下抜けるまでは「上目線」です。

レートが反転してきて、押し安値を下抜けたら「上目線」をやめます。

私の場合は、ここで早々に「下目線」へ切り替えます。しかし、まだ「高値の切り下げ」は起きていないので、下降トレンドになったわけではありません。あくまでも、「目線を下に定めた」ということです。

押し安値の下抜けで「下目線」にする理由

このタイミングで目線を下に定める理由は、以下の通りです。

まず、押し安値を下抜けたことによって、相場参加者の集団心理は次のようになると考えられます。

  1. 買いポジションをもっていた買い勢力は、「このまま下落するんじゃないか?」と心配しはじめ、決済の売り注文を出し始めます。
  2. 売り勢力は、「これをチャンスに売っていこう!」と考えて、新規の売り注文を出し始めます。

このように、売り買い両方の思惑が「売り」で一致しやすくなる場面だと考えられますので、まだ下降トレンドにはなっていないものの、目線を下に定めてトレードの機会をうかがおう──ということなのです。

その後、実際に高値の切り下げが起きて、下降トレンドがはじまったならば、そこからはトレンド方向と一致した、明らかな「下目線」だと判断します。

もちろん、これが絶対の判断方法ということではなく、上位の時間足チャートの状況に応じて判断を調整していくことは当然あります。あくまでも基本的な判断のひとつです。

ダウ理論をつかって、目線を定める実践をしよう

では、目線を定める方法をつかって、いっしょに目線を定める実践をしていきましょう。

この記事の始めに取り上げたチャートをつかって目線を定めていって、順番に上目線なのか下目線なのかを判断していきます。

目線を立てる実践の図

左側から順に見ていきましょう。

高値「1」をつけた時点で、高値と安値を切り上げ続けていて、上昇トレンドが継続していたとします。

高値「1」が最高値になったとき、そのひとつ手前の安値は「A」ですので、この安値「A」がこの時点での「押し安値」になります。

この押し安値「A」を下抜けるまでは、上昇トレンドは継続中と判断でき、「目線は上目線である」と定めることができます。

「上目線?下目線?」と迷う場面

目線を立てる実践の図

高値「1」からは、下へジグザグと下降しています。

ここで、「高値と安値を切り下げているから、下降トレンドなんじゃないの?」と思うかもしれません。

しかし、思い出してください。

ダウ理論によるトレンドの定義は、「高値と安値が切り上がって(切り下がって)いること」でした。

しかしそれと共に、「明確な転換シグナルが発生するまでは、トレンドは継続する」のでしたよね?

その転換シグナルの最初のステップが、最高値のひとつ前の安値=「押し安値」を下抜くことでした。

ですから、押し安値「A」を下抜けない限りは上昇トレンド中だと判断しますので、このジグザクとした下降の場面でも「目線は上目線」となります。

ここまでくれば、もう大丈夫

目線を立てる実践の図

その後、安値「B」ができてから一気に上昇し、高値「2」をつけました。

その時点で、ひとつ前の安値「B」が新たな押し安値になります。

そして高値「2」から、またジグザグと高値を切り下げています。

先ほどの場面と同様ですから、目線はすぐに定められるはずです。押し安値「B」よりも上にレートがありますから、ここも「上目線」と判断できます。

結局、このチャートでは、ずっと上目線だったということです。

一見すると、ジグザグと上へ下へ動いているように見えますが、トレンドは上昇し続けていて、トレードするにあたっては、上目線──つまり買いトレードのチャンスを狙うことが有利な状況だったということです。

目線の切り替えが必要なケース

もうひとつ、別のチャートをつかって、目線を定める実践をしてみましょう。ここでは、目線の切り替えについて見ていきます。

下降トレンドの図

左側から下降トレンドが続いていたとします。

安値「1」の時点では、戻り高値は「A」となっているので、もちろん目線は「下目線」です。

その後、戻り高値「A」を上抜いて、高値「B」をつけました。

この時点で下降トレンドは一旦終了したと判断し、下目線だった目線を上目線に切り替えます。

ただ注意しなければいけないのは、この時点では「これから上昇トレンドやレンジになるかもしれないし、下降トレンドが続くかもしれない」という、どうなるか分からない状況だということです。

あくまでも、いったん下降トレンドが終了したということであり、この後、ふたたび下降トレンドが再開する可能性は残っている状況です。今はトレード戦略を立てる上で「上目線に定めて買いを狙っていこう」と判断している段階です。

下降トレンドの図

高値「B」をつけた時点で目線を「上目線」に切り替えました。そしてひとつ前の安値「2」を押し安値と判断して、水平線(ライン)を引いておきます。

この押し安値の水平線(ライン)を下抜ければ、また目線は下に切り替わります。

その後は図のように押し安値「2」を下抜けていきましたので、これでまた目線は「下目線」に切り替わりました(図にはありませんが、高値「B」が新たな戻り高値になります)。

そして安値「3」をつけたレートは、高値「C」で高値を切り下げ、下降トレンドが再開しました。

目線を定めたり、切り替えるときの注意点

まず理解してもらいたいのが、目線の定め方や目線の切り替え方には、数学的な「公式」や「正解」というものは無いということです。

私たちトレーダーは、どうしても「これが正解。こっちへいくはず!」という思い込みにとらわれてしまいがちです。

未来が分からない相場の世界では、そうした正解を求める気もちは自然なものです。しかし大切なのは、「相場に参加している他のみんなは、このチャートをどう見ているのだろうか?」と考えることです。つまり、相場参加者の集団心理をイメージすることです。

一目瞭然で上昇トレンドだと見えるなら、それは他のみんなもそう見ている可能性が高いでしょう。

ということは、逆にあなたが目線に迷うチャートというものは、他のみんなも迷っているということです。

ですから、難しい場面では判断を保留しておいて、その後、わかりやすい高安値の切り上がりや切り下がりがあらわれてから、落ち着いて目線を定めればいいのです。

ダウ理論をつかって目線を定めることの効用

ダウ理論をつかい、注目されるであろう高値と安値を基準にして目線を定めることで、あなたのトレードに大きな効用があらわれます。

それは、「目先の値動きに振り回されなくなる」というものです。

例えば「押し安値を下抜けるかどうか」という微妙な場面で──

  1. ブレイクして大きく動くかな?」「支えられてトレンドが続くかな?」と迷ってしまった。
  2. そんな状況で売りと買いを何度も繰り返してしまい、トータルではボコボコに負けてしまった。

──そんな悲劇が防げるようになるのです。

自分なりの確信をもって「こっちだ!」という軸をしっかりもつことで、それと反対方向への値動きに対しては動じなくなってきます。

また、目線とは反対の値動きに対して、「こっちへ動く確率が高いはずなのに、そうならなかったということは……?」と考えられて、みんなが想定外だと感じる方向へ冷静にトレードできるようにもなってきます。

ダウ理論によるトレンドの定義と、目線を定めて切り替えていく方法~まとめ

今回はダウ理論をつかってトレンドの状態を判断し、目線を定め、状況に応じて目線を切り替えていく方法について、基礎的なところから詳しくお伝えしてきました。

ダウ理論を知ることを通じて、「トレンドの定義」や「トレンドが一旦終了するポイント」、そして「目線の定め方と切り替え方」について、具体的に理解してもらえたのではないかと思います。

今回のまとめ

  • トレード戦略を立てる上で、目線を定め、状況に応じて目線を切り替えていくことが大切。
  • トレンド状態を定義して目線を定めるために、ダウ理論をつかう。
  • トレンドの定義から外れたら(押し安値・戻り高値を抜けたら)、一旦トレンドが終わったサイン。

世の中の多くのトレーダーは、こうした内容をまったく知らないまま「買いだ!売りだ!」と感情的なトレードを繰り返してしまっています。

トレードにおいては、今回お伝えした「トレンドのこと」「目線を定め、切り替えていく方法」そして「押し安値・戻り高値」の理解が、とても重要なポイントになってきます。

このことは、私の経験からもハッキリといえます。

この先お伝えする内容も、今回のことを踏まえていきますので、できれば何度も読み返して理解を深めてください。

そして、あなたの目でチャートを分析して、押し安値と戻り高値を見つけたり、トレンドが始まって終わっていく様子を観察して欲しいと思います。

以上、ダウ理論でトレンドを定義して「目線の切り替え」をする方法とは?について、お伝えしました。

テクニカル分析を学べるおすすめの本

マーケットのテクニカル分析──トレード手法と売買指標の完全総合ガイド
マーケットのテクニカル分析──トレード手法と売買指標の完全総合ガイド

価格と詳細へ
(Kindle版あり)
  • 著者:ジョン J.マーフィー
  • 世界的権威が著したテクニカル分析の決定版。トレーダーの座右の書。

※Amazonの「Kindle Unlimited 無料体験」を使うと、この本を今すぐ無料で読めます。

リンク 今すぐ無料で読めるKindle版『マーケットのテクニカル分析』のページへ

「FXの本は色々あるけど、結局どれを読んだらいいんだ?」 「これだけは読んでおけ!っていう、決定版のおすすめ本はどれ?」...

次回予告

次回は、トレードをしていく際に欠かせない「水平線(ライン)」の解説と、その引き方についてお伝えしていきます。

それでは、以下のリンクからどうぞ。

チャート分析において、とても重要なもののひとつが水平線(ライン)です。水平線の引き方をマスターすることは、チャート分析をおこなう上での...