FXの検証方法が分からない人へのアドバイス。トレード手法の作り方とは?

検証方法が分からない FXの検証&練習方法

FXの検証方法が分からない!」というのは、とても多い悩みです。

検証ができなければトレード手法をもつことも出来ませんから、FXで勝つことなど夢のまた夢になってしまいます。

こんにちは、FXトレーダーのmonoです。

今回は、FXの検証方法について、実践的に詳しくアドバイス&解説していきます。

これを読むことで検証方法が理解でき、あなたも実際に検証を進めてトレード手法を作ることが出来るようになるはずです。

FXの検証のどこで、つまづきやすいのか?

FXの検証方法は、大きく分けると次のようになります。

FXの検証方法(トレード手法の作り方)

  1. 過去チャートを大量に分析して、そこに共通する値動き(パターン)を観察する。
  2. それを元に、トレードルール(手法)の仮説を立てる。
  3. そのルール(手法)に優位性があるか、検証をして明らかにする。
  4. 一定以上の優位性があれば、デモトレードで試してから実戦に用いる。

ちなみに、他の人が作ったトレード手法をつかう場合は、3番からスタートすることになります。

さて、FXの検証方法のなかで、多くの人がつまづきやすいポイントは以下の通りです。

  1. 「トレード手法の仮説を立てること」それ自体に難しさを感じてしまい、手がつけられない。
  2. 「こうかもしれない」という手法の仮説は立てられても、それを検証する方法が分からず、立ち止まってしまう。

今回は、この二つのポイントについてアドバイスをしていきます。

トレード手法の仮説が立てられない場合のアドバイス

そもそも「トレード手法の仮説が立てられない」という場合、「優位性があるトレード手法とは、難解で複雑なものなのだ」と、強く思い込んでしまっていて、チャートを素直に(シンプルに)見れなくなっている可能性があります。

そのため、どれだけチャートを見ても、自分なりの「トレード手法の仮説」を立てられない──そういう状態になってしまっていると考えられます。

「あ、そうか!」と気づく必要がある

「チャートを見ても、優位性なんて簡単に見つかるはずがない」と思い込んでいる人に、いくら「簡単に見つかりますよ」といっても、なかなか聞いてもらえませんし、見せても信じてもらえなかったりします。

つまり、本人が「あ、そうか!」とか「あ、本当だ!」と気づかない限りは、私としてはどうしようもないのです。

人によっては、「本当のこと(秘密の手法などの情報)を教えたくないから、ウソをいってるんだ」と疑われる場合もありますから、なんとも難しいものなのです。

こればかりは本人の盲点が外れて、ちゃんと「ありのままの事実」が見えるようになる必要があります。

「トレード手法の仮説」の具体例

そういうわけではありますが、ここでひとつ、検証に値する「トレード手法の仮説」の具体例を見てもらいましょう。

この具体例を見て、「はあ!?」と思っちゃダメですよ?

相場の本質は本当にシンプルなのであり、このシンプルさを土台にしていくことで、堅牢で、かつ柔軟なトレード手法ができていくのですから。

例えば、以下のようなものです。

シンプルな「トレード手法の仮説」の例

  1. 25期間のMA(移動平均線)の先端が上昇している。
  2. レートがMAよりも上にある。
  3. (1)と(2)が満たされていれば、買いトレードに優位性があると考えられる。

文章にしてみれば、「何を当たり前のことを」とか、「そんなもので勝てるはずがない」などと言われてしまいそうなのですが、もう少し話を聞いてください。

下のチャートはユーロドルの1時間足で、赤い丸で囲った部分が、「買いトレードに優位性がある」と仮説を立てた場所です。

※チャートをクリックすると拡大します。

買いに優位性があるFXチャート

まずシンプルに素直に見てみるならば、この赤い丸のなかで「買いのトレード」をすれば、勝ちやすいと思いませんか?

この「見たまんまの素直な判断」がとても大事で、相場参加者の集団心理をイメージする上でも、こうして客観的に素直に見られることが、とても有益なスキルになります。

実際に、この赤い丸の左端と右端のレートを比べれば、明らかに上昇しているわけですから、「この中のどこかで買っていれば利益になる」という、シンプルな結論になるのが分かると思います。

トレード手法の仮説はシンプルなもので大丈夫

このように、チャートを読み取って考える「トレード手法の仮説」というものは、基本的に見たまんまで良いというか、言われてみれば「そりゃ、そうだよね」というようなもので十分です。

ですから、もしあなたがトレード手法の仮説が立てられないという場合は、チャートを素直に見て、「ここで買ったら(売ったら)利益を出せるんじゃないか?」と思える状況を特定してみてください。

その際には、使い慣れたテクニカル指標チャートパターンの知識をつかいながら、シンプルな印象を大切にしながら、手法の仮説を立ててみてください。

例えば、サポート・レジスタンスラインをつかったり、ダブルトップなどのチャートパターンを使ったり、ダウ理論をつかうなど、いろいろ考えられます。

考えた仮説に対して、「こんなのに意味がある?」と思っても、最初は大丈夫です。

大切なのは、ここから先の「検証作業」ですから。

FXの検証方法が分からない場合のアドバイス

では次に、「こうかもしれない」というトレード手法の仮説は立てられても、その検証方法が分からず立ち止まってしまうケースについて、アドバイスしていきましょう。

引き続き、先ほどのトレード手法の仮説の例をつかって考えていきます。

トレード手法の仮説を、トレード可能なものにしていく

今のところ、このトレード手法の仮説に本当に優位性があるのか──つまり、トレードを繰り返して利益が出るのかどうかは、まだ分からない状況です。

それにこの段階の仮説だと、検証を進めていくには曖昧さが多いですから、もう少しトレード手法らしい条件を設定してみましょう。

その場合の方法はいろいろありますが、ひとつ有効な方法として考えられるのは、優位性の仮説を、複数の時間足チャートに重ねて当てはめてみることです。

FXチャートのフラクタル構造という性質を考えれば、すぐにイメージできると思いますが、1時間足で仮説を立てた状況のなかでは、例えば5分足チャートでも、同じように仮説に当てはまる状況があらわれます。

このように、複数の時間足のチャートに仮説を当てはめてみることで、具体的なトレード手法が見えてきます。

先ほどの1時間足チャートの赤い丸のなかを、5分足チャートで表示させたのが、下のチャートです。

同じように、仮説に当てはまる場所を赤い丸で囲ってあります。

優位性のある状況のFX5分足チャート

1時間足で「買いに優位性がある」と思われる状況のなかで、5分足でも同じ状況になった場所でトレードすれば、利益を出しやすいと思いませんか?

このとき「チャート同期インジケーター」を使うと、こうした「複数の時間足チャート同士の値動きの関係」を調べるのがとても簡単になります。下の記事では、MT4で利用可能な同期インジケーターを紹介&解説していますので、あなたのMT4にも導入してみて下さい。

解説記事 『Sync3』~チャート同期インジケーター。オールインワンの万能選手

ここからは、どんなテクニカル指標でもプライスアクションでもいいので、好みのものをつかって、仮のエントリーとエグジット(決済)のルールを決めて手法を整えていきます。

なお、ここは大事なポイントなのですが、わたしの考え方として、トレード手法で重要なのは「どういう状況(場面)でトレードするか」であって、「エントリーと決済をどうするか」は、その次だと考えています。

ちなみに、トレードする状況を定めたルールを「セットアップ」、エントリーを定めたルールを「トリガー」と呼びますが、まず大切なのはセットアップだということです。

トレードする状況に優位性があるなら、その優位性を活かす、もしくは邪魔しないエントリーさえしていれば、自然と利益が積み重なっていくものです。

大切なアドバイスとして、ここでトレード手法を整えるときには、無闇にこだわり過ぎないようにしてください。あくまでも大切なのはセットアップです。

エントリーとエグジット(決済)のルールを決める

ということで、今回はMAをつかってトレード手法の仮説を立てているので、同じくMAをつかって、エントリーとエグジット(決済)のルールをざっくりと決めてみましょう。

例えば、シンプルなものとして、こういうものはどうでしょう?

エントリーとエグジット(決済)のルール

  1. MAに近づいたところで陽線が確定したら、終値で買いエントリー。
  2. 損切りは、エントリーした陽線の安値を下抜けたところで行う。
  3. 利確は、前回の高値(ローソクの実体の高値)で行う。

検証のエントリー&エグジット(決済)方法

これは、いわゆる「MAでの押し目買い」と呼ばれる、よくある典型的なエントリー方法です。

決済の判断ルールをシンプルにしておくこと

ここで決めておくルールは、先ほども説明したように、無闇にこだわらず、基本的にシンプルなものであればいいのですが、その際におすすめのポイントがあります。

それは、損切りラインと利確ラインを、機械的に決められるようにしておくことです。

こうすることで検証中の余計な迷いをなくして、検証作業をスムーズに進められるようになります。

もし、検証中にいろいろな裁量判断が必要なルールだと、とてもじゃないですが初心者が検証を続けていくことは無理だと思います。最初のうちは、このように機械的に判断ができるルールにしておくことがおすすめです。

「もっと伸びていくのに、すぐに利益確定してもったいない!」なんて、今は思わなくてもいいのです。

そういう考えが検証中に起こることが、検証を妨げる大きなマイナス要因です。

実際の検証結果を確認する

ということで、下のチャートが、このトレード手法でトレードした場合の検証結果です。

エントリーと決済

青い矢印が利確できたトレード、赤い矢印が損切りになったトレードです(最後のトレードは、ぎりぎりで利確ラインに届かず、損切りになりました)。

青い水平ラインは、前回の高値(ローソク足の実体の高値)です。

エントリーは、MA付近で確定した陽線の「終値」のタイミングでおこない、損切りは「エントリーした陽線の安値を下抜けたところ」でおこないます。

そして利益確定は、前回の高値(ローソク足の実体の高値)まで上昇したところでおこないます。

こうして上のチャートでは、一つの場面で4つのトレードの検証結果が得られたことになります。

青い矢印の陽線の終値から青いラインまでが利益で、赤い矢印の陽線の値幅が損失ということです。この4回のトレード結果をトータルすると、プラスになっていることが分かります。

これが、検証作業の実際の一例です。

FXの検証中にエントリーの判断に迷ったら?

検証方法に悩む少女

もしかすると、「MA付近で陽線が確定したらエントリーというけど、どれくらいMAに近づいたらエントリーするの?」という疑問を感じているかもしれませんね?

その答えは、「あなたがMAに近づいたと思ったところ」で大丈夫です。そして、ここが検証作業をスムーズに進めていくためのポイントでもあります。

検証で大切なのは、誤差のない正確な数字を出すことではありません。

大切なのは、トータルで利益を出せる「優位性のある値動きの傾向」を自分なりに明らかにすることであり、その事実を心の底から納得して受けられるようにすることなのです。

例えば今回の例でいうと、「上昇するMAの上で買えば利益になりやすい」という優位性のある値動きの傾向について、自分の目で「本当にそうだ」と確認して、さらにその事実を心の底から納得して受け入れることが大切だということです。

そういう深い理解を築いていくからこそ、トレードの実戦のなかで、自分のトレードを確率思考に則って、迷いなく繰り返していけるようになるのです。

ですから、最初の段階で細かいエントリー判断にこだわる必要はありませんし、続けていくうちに自然と「自分なりの基準」が生まれてきます。

FXの検証を進めていくことで、「これはMAに近づいてないから見送り」と、普通に判断できるようになりますし、そういう判断力こそが、検証作業のなかで身につく大切なスキルのひとつでもあるのです。

ということで、今回の例だと「ここでエントリーするのは無理矢理だな」と思うような位置の陽線は無視しておいて、たくさん同じような状況のチャートを検証していけば大丈夫です。

FXの検証中は、1回のトレードで良い結果を求めない

このトレード手法で検証してみると分かりますが、前回の実体高値までの値幅しか利益にできませんから、とてももったいないトレードが繰り返されると思います。

しかし、そこで考えてほしいのは、そんなもったいない、ダメな(ように見える)トレードを繰り返していても、トータルではなかなか負けないというその事実についてです。

「もったいない利益」のことが気になるのは、目先の1トレードでの結果を求めてしまっているからです。それは、勝つトレーダーの思考法ではありません。

そうではなく、「トータルでどうなのか?」に注目しなければいけません。

まずは機械的なトレードで検証して、しっかりとその検証結果を集めること。その検証結果から、トータルで利益をあげられる優位性があるのかを、自分の目で確認することです。

FXの検証中に新しいアイデアを思いついたら?

検証中のアイデアのひらめき

さて、こうして検証作業をしていると、「こういう場面だと、ここまで利を伸ばせるんじゃないか?」とか、「こういう状況は、様子見したほうがムダな負けを減らせるかも?」といった、あなたなりの発見や気付きが出てくるはずです。

この発見や気付きは、お宝アイデアの可能性がありますから、それらの新たなアイデアをつかって、また同じように検証を繰り返していきましょう。

この反復、繰り返しこそがFXの検証作業のミソであり、あなたのトレードスキルが上達していく原動力になるのです。

検証作業中に新しいアイデアを混ぜないこと

ただ、注意しないといけないのは、まとまった数の検証結果が集まるまでは、今のトレード手法に新しいアイデアを混ぜないことです。

アドバイスとして、例えば今回の例でいうと、5分足チャートでのトレード結果を最低でも50~100個は集めてみてから、そこで気付いたことをルールに加えてみます。そして、また同じ5分足チャートで検証結果を集めてみるようにするのです。

それらの検証結果を比較してみて、トータルの利益が増えたのかどうか、トレード回数はどれくらい減ったのか、ドローダウンはどの程度か、といったことをチェックします。

いろいろな時期のチャートで検証をする

トレード手法に新しいアイデアを加えて検証することを何度かやってみたら、次にまったく別の時期の1時間足チャートをつかって同じ状況を探し、また5分足チャートでのトレード結果(検証結果)を集めていきます。

こうすることで、新たにルールとして加えたアイデアが、どの程度の優位性があるのか(利益につながるのか)が、はっきりしてきます。

これを何度も繰り返していきます。

こうして、ある程度そのトレード手法が良くなってきたら、次はツールをつかって模擬トレード(練習トレード)をしていくわけですが、それはまた、別の記事で解説することにしましょう。

完璧主義はFXの検証の敵

FXの検証作業で注意しないといけないのは、完璧主義にとらわれてしまうことです。

こうした検証方法によって作業を進めていく中で、ひとたび完璧主義になってしまうと、検証作業の手がピタリ!と止まってしまいます。

「エントリーすべきポイントを、見逃してしまっているんじゃないか?」とか、「エントリーの判断が統一できてないんじゃないか?」などと不安を感じてしまい、検証が一歩も進まなくなる──というのは、「FX検証あるある」のひとつなのです。

しかし、判断にばらつきのある検証結果であっても、たくさん集めていくことで、そのばらつきが一定の平均に収まってきます。ですから、少々の判断ミスやカン違いがあったとしても、全体としての検証結果の価値が大きく下がってしまうことはありません。

「おおよそこれ位」という検証結果でも、その数が巨大になれば「本当に心の底から、おおよそこれ位だ」という信頼が生まれてくるものです。

ひとつひとつの検証を正確にやろうとするよりも、検証結果を多く集めるほうを優先するべきですし、それで十分に統計的な意味のあるデータが得られる、ということなのです。

FXの検証方法~まとめ

チャートから読み取る「トレード手法の仮説」というものは、基本的に見たまんまで良いというか、言われてみれば「そりゃ、そうだよね」というようなもので十分です。

完璧な検証結果というものは、あり得ませんし、そのようなものを求める必要もありません。

FXが確率の世界であるのと同じように、検証も確率で考えればいいのであり、8割ほど正しく計測できていれば、データとしては使いものになります。そのレベルのデータでも、数が増えれば増えるほど、全体としての信頼度が高まってきます。

「おおよそこれ位だ」というものも、母数が巨大になれば「本当に心の底から、おおよそこれ位だ」という信頼が生まれてきます。

FXの検証で大切なのは、トータルで利益を出せる「優位性のある値動きの傾向」を自分なりに明らかにして、それをトレード手法としてまとめていくことであり、そのトレード手法を、自分の心の底から納得して受けられるようにすることです。

ちょっと検証して、ちょっとデータを出したくらいであれこれ悩むよりも、簡単でシンプルな検証のデータを、何種類も大量に集めてみることに集中するほうが、早くゴールに近づけるはずです。

以上、FXの検証方法が分からない人へのアドバイス。トレード手法の作り方とは?──について、お伝えしました。

こちらの記事もおすすめです

裁量トレード向けFX練習ソフトのおすすめは?定番&無料ソフト5選
裁量トレードの練習ができる優れたFX練習ソフトや、無料のFX練習ソフトを探しているなら、この記事に答えがあります。...
『セットアップ』とは?その意味とトレード手法の重要部品の作り方
「トレード手法を作っているけど、なかなか勝てるルールが出来ない……」もしかしたらそれは、トレード手法の作り方が間...
FXが難しい&稼げない原因と改善方法とは?「検証の本当の目的」
「FXで勝つのは難しい」「なかなか稼げない」──そんな悩みの背景には、相場の世界独特の”ある理由”が潜んでいます。...
損小利大トレード手法のメリット・デメリットをサイコロで理解する方法とは?
「損小利大の手法でトレードするのが大切」という意見は、とてもよく見かけますよね。あなたも頭では「うん、そうだよね...
FXのチャート検証やトレードノートなどを毎日継続する方法とは?
あなたは日頃から、FXの検証やトレード練習をしたり、トレードノート(売買記録)を書いたりすることを続けられていますか?...
トレード手法の優位性を評価する方法とは?検証の重要指標を教えます
今回は、優れたトレード手法を手に入れるためには欠かせない「ある重要な指標」について、詳しく解説していきます。こん...