初心者におすすめのツールやFX口座は?トレード環境の準備ガイド

FX初心者におすすめのツールとFX口座

初心者がFXを始めるとき、「正しい知識」と「優れたトレード環境」を手にしてからスタートを切ることは、とても大きなアドバンテージ(有利さ)になります。

こんにちは、FXトレーダーのmonoです。

これまでのシリーズの内容を通じて、FXトレーダーになるために必要なことや大切な知識についてお伝えすると共に、FXの難しさとFXの魅力についてもお伝えしてきました。

今回は、シリーズの最終回ということで、本格的にFXに取り組み始めるあなたのために、FXで必要なおすすめツールやFX口座などの「準備ガイド」をお送りします。

この準備ガイドを活用することで、FXの世界で結果を出していくための、良いスタートダッシュを決めることが出来るでしょう。

チャート分析ツール『MT4』を入手する

チャート分析ツールは、FX会社ごとにそれぞれ用意されていますが、それとは別に『MT4』を用意することをおすすめします。

MT4は世界で最も利用されているチャート分析ツール(テクニカル分析ツール)であり、実質的なFXのスタンダード・ツールです。

ネット上の情報量も豊富ですし、MT4を自分流にカスタマイズできる専用のインジケーターも豊富にありますから、FX初心者が初めて使うツールとしておすすめです。

何よりも、過去チャートをつかった検証作業がやりやすいため、FXをするなら「MT4を使わない」という選択肢はあり得ません。

FX初心者におすすめのMT4口座

MT4を利用するには、MT4を取引ツールとして採用しているFX会社を利用するのがおすすめです。

これから紹介するFX口座を開設することで、MT4を利用することが出来るようになります(MT4自体は無料で使えます)。

FXトレードフィナンシャル

FXトレードフィナンシャル 口座開設

FXトレードフィナンシャルのMT4口座の特徴は、精度の高いヒストリカルデータ(過去チャートのデータ)を利用できることです。

このヒストリカルデータを使うことによって、トレード手法作りには必須の「過去チャートによる検証作業」を高いレベルで行えるようになります。

ちなみに、MT4に標準で用意されているヒストリカルデータは、MT4の開発元の会社が提供しているものなのですが、これはデータの精度が低い上にデータ抜けが多いため、実用的にはちょっと厳しいです。

特に15分足や5分足といった、小さな時間足のチャートをつかった検証をする際には、このMT4標準のデータでは心許ないため、どこか他からチャートデータを入手する必要があります。

実は、MT4利用者の大きな悩みが、この「良質なヒストリカルデータをどこから入手するか?」というものなのです。

しかしFXトレードフィナンシャルを利用することによって、実際にリアル配信されたレートを基にした「高精度のヒストリカルデータ」を手に入れることが出来ます。

これは大きなアドバンテージなので、MT4を使ってテクニカル分析やチャート検証をする際には、まず最初に、FXトレードフィナンシャルのMT4口座を持つことをおすすめします(私も利用しています)。

口座開設 FXトレードフィナンシャル|公式サイト

トレード練習(模擬トレード)ツールを入手する

さて、MT4を使って過去チャートをたくさん見て、テクニカル分析にも慣れてきたら、そこからチャート検証へと進み、トレード手法を少しずつ形にしていきましょう。

検証のことがよく分からないとか、どうしても上手くいかないというときには、下の記事やカテゴリーを参考にして役立てて下さい。

「FXの検証方法が分からない!」というのは、とても多い悩みです。 検証ができなければトレード手法をもつことも出来ませんから、FX...

リンク 「FXの検証&練習方法」カテゴリー

トレード手法が形になってきたら、その手法にどの程度の優位性があるのかをチェックする必要があります。また、その手法を使ってトレードすることに慣れて習熟していく必要があります。

そのために役立つのが「トレード練習(模擬トレード)ツール」です。

この練習ツールは、MT4に組み込んで使うタイプのものと、完全な専用タイプのソフト(ForexTester3)があります。

ここでどれだけ検証と練習をして「優位性のあるトレード」が出来るようになるかが、トレーダーとして大成できるかどうかの分かれ目といっても過言ではありません。

こうしたトレード練習ツールについて、下の記事で詳しく解説していますので、しっかりと準備を整えて下さい。

裁量トレードの練習ができる優れたFX練習ソフトや、無料のFX練習ソフトを探しているなら、この記事に答えがあります。 こんにちは、...

FX口座を開設する

FX口座を開設する

正直なところ、FX初心者のあなたは、焦ってリアルトレードを始めなくても大丈夫です。

まずはテクニカル分析の勉強をしたり、チャートをたくさん見たりすることを優先して下さい。

あなたが今からFX口座を開設するのは、リアルトレードをして稼ぎ始めるためではなく、まずそのための「準備と練習」を行うためだということを覚えておいて下さい。

その「準備と練習」とは、次のようなものです。

リアルトレード用のFX口座で行う「準備と練習」

  1. トレードの発注操作に慣れていく。
  2. リアルなポジションをもつことの心理的なプレッシャーに、徐々に慣れていく。
  3. 注文の通りやすさ(約定の速さやスリッページの大きさ)をチェックして、FX会社を選んでいく。

このステップを踏んでおけば、近い将来、本格的にリアルトレードをスタートさせるとき、スムーズに実戦へ入っていくことが出来るようになります。

ちなみに、こうした準備と練習をするときには「スクラッチトレード」がとても役に立ちます。スクラッチトレードの方法については、下の記事で詳しく解説しています。

FXでお金を稼げるようになるためには、普段あまり語られることのない「ある大切な準備と練習」をしておく必要があります。 その「準備...

これから紹介するFX口座は、まずはこのような「準備と練習」のために活用すること──このことをしっかり理解した上で、各FX口座の開設手続きを進めていきましょう。

リアルトレード用におすすめのMT4口座

MT4は、高性能なチャート分析ツールであると同時に、リアルトレード用の取引ツールでもあります。

しかし、FX会社によってスプレッドや値動きに違いがあるため、リアルトレード用におすすめ出来るMT4口座は意外と限られています。

そこで、リアルトレードがしっかり出来るMT4口座を紹介していきます。

これから紹介する口座を使うことで、MT4でチャート検証や模擬トレードなどを行いながら、そのまま同じチャートを使ってリアルトレードが出来るという、とてもスムーズで快適なトレード環境を手に入れられます。

OANDA Japan(オアンダ・ジャパン)

OANDA JAPAN 口座開設

先ほど紹介した「FXトレードフィナンシャル」のMT4口座は、小ロット(20万通貨まで)だと、スプレッドも小さくてトレードしやすいため、そのままリアルトレードで利用しても大丈夫です。

しかし、一度にまとまったサイズのロット数でトレードしようとすると、途端に大きなスプレッドになってしまうのが難点です。

また他にもFXトレードフィナンシャルでは、ドルストレート系の通貨ペア(ユーロ/ドル、ポンド/ドルなど)は、小ロットでもやや高スプレッドなのも気になります。

その点、このオアンダ・ジャパンは、ドル/円はもちろん低スプレッドで0.4~0.5pips(東京サーバー2018年10月現在)ですし、ドルストレートはMT4口座の中ではトップレベルの低スプレッドになっていますので、幅広い通貨を低コストでトレードすることが可能です。

私も長年利用しており、リアルトレード用のMT4口座として、まず最初に試してもらいたいFX会社です。

おすすめなのは、FXトレードフィナンシャルで入手したヒストリカルデータを、オアンダ・ジャパンのMT4で利用して、チャート検証やトレード練習などをすることです。

そして、そのままオアンダ・ジャパンのMT4を使ってリアルトレードへ進んでいくのが、シンプルでスムーズな方法です。

口座開設 OANDA Japan|公式サイト

FOREX EXCHANGE(フォレックス・エクスチェンジ)

FOREX EXCHANGE 新規口座開設

こちらのフォレックス・エクスチェンジも、ドル/円やユーロ/ドルをはじめ、各ドルストレート通貨ペアが低スプレッドになっています。

何よりも、他のFX会社とは約定方式が異なるため、迅速かつ透明性の高い取引が可能になっています。

一般に、売買注文を出すと、FX会社側で「約定処理の確認手続き」が行われるため、約定に時間が掛かってしまい、無用なスリッページの原因になったりしますが、フォレックス・エクスチェンジではその約定確認を省いた「DMA方式」を採用しているのが特徴です。

先ほど説明した「準備と練習」の一環として、フォレックス・エクスチェンジの約定とスリッページをあなたの手で確かめてみて下さい。

口座開設 FOREX EXCHANGE|公式サイト

初心者におすすめのFX口座

リアルトレード用のFX口座におすすめなのは、『MT4』をそのままリアルトレード用の口座としても活用することです。

ただ、MT4の発注方法(成行注文や指値注文など)は基本的なものに限られていますので、注文の操作性を高めようと思うと、取引注文用のツールを入手してMT4にインストールする必要が出てきます。

MT4用の取引注文ツールについては、下の記事でも紹介していますので参考にして下さい。
関連記事 MT4&FT3インジケータやFX教材のおすすめ通販サイトレビュー

また、スプレッドや約定力に優れた他のFX会社を利用したい場合もあります(約定力とは、スリッページの少なさや注文の通りやすさ等の総合力のことです)。

そのためトレーダーの中には、チャート分析にはMT4を使いつつ、それとは別に取引用のFX口座も用意して、それらを同時に使ってトレードするというケースも目立ちます。

これから紹介するFX口座も、そのようにMT4と組み合わせて使っていくのがおすすめです。普段からMT4を使っていれば、この方法がトレードしやすいでしょう。

各FX口座は、みな信頼度が高く安心して利用できるものですが、取引ツールの操作感にはそれぞれ違いや個性があるため、しっかりと操作感と約定の具合を確かめるようにして下さい。

GMOクリック証券

GMOクリック証券 口座開設

GMOクリック証券は年間取引高が世界一ということもあり、FX会社内の流動性も十分あるため、大口から小口まで、ロット数にかかわらず注文が通りやすい傾向があります。

年間取引高が多いことに加えて「FX口座の実稼働率」がとても高いのが特徴です。これはつまり、大口トレーダーが日々アクティブに取引をしていることを表していて、GMOクリック証券がベテラントレーダーに信頼されている証といえます(私も利用しています)。

取引ツールもバージョンアップを重ね、トレーダーの声を反映したものになっており、国内外のFX会社全体の中でも使いやすいツールのひとつと言えます。

こうした特徴から、おすすめのFX口座の筆頭にあげることが出来ます。

口座開設 GMOクリック証券|公式サイト

セントラル短資FX

セントラル短資 FXダイレクトプラス 口座開設

セントラル短資は、短期金融市場で日々ディーリングや仲介業務を担っている、この業界ではとても有名な老舗の短資会社であり(ネット取引の黎明期からサービスを提供している)、システムの信頼性や安定性には一日の長があります。

そんなセントラル短資によるFX口座は、こうした実績やノウハウ、信頼性の上に成り立っていますので、初心者だけではなく、経験のある中級以上のトレーダーにもおすすめです。また、スプレッドも小さいためデイトレードにも向いています。

口座開設 セントラル短資FX|公式サイト

岡三オンライン証券

岡三オンライン証券 FX口座開設

岡三オンライン証券は、創業90年以上もの歴史がある岡三証券グループのオンライン取引会社です。

FX会社としての信頼度の高さと共に、スプレッドも業界最狭水準なのでデイトレードも安心して行えます。

株式市場を中心に、長年オンライン取引の世界でトレーダーから支持されてきた会社だけあって、取引ツールも高性能で充実しているのが特徴です。

口座開設 岡三オンライン証券|公式サイト

デモトレード口座も開設しておく

あなたにしっくりと馴染むFX口座が見つかったら、そのFX会社のデモトレード口座も開設しておきましょう。

そうする理由は、本格的にリアルトレードへ進む一歩手前のステップで、出来るだけ「デモトレードで一定の結果を出す」という経験を得て欲しいからです。

リアルトレードと同じ環境でデモトレードを行い、そこでしっかり結果を出すことによって、本格的なリアルトレードへ向けた「大きな心理的アドバンテージ(有利さ)」を得ることが出来ます。

FXはあなたが思っている以上に心理的な要素が大きいですから、こうした心理的アドバンテージは積極的に求めていくようにして下さい。

また、検証やトレード練習などの取り組みを続けて、いざ本格的なリアルトレードへ進もうとした段階には「危険な罠」が潜んでいるので、それを防ぐためにもデモトレードのステップを経て欲しいのです。

その危険な罠とは、「もう自分にはFXで稼ぐ実力が身についている」という傲慢さ(浮き足立った思い上がり)に囚われてしまい、無謀なトレードを始めてしまうことです。

ここでデモトレードを行うことで、あなたのトレード手法の優位性の最終チェックができると共に、そうした「過度に楽観的な気分」をクールダウンさせられます。

すぐにリアルトレードを始めることをおすすめしない理由

いきなりリアルトレード=レースで怪我

ネット上には、すぐにリアルトレードを始めることをすすめるFXブログもあれば、「まずはデモトレードから」というFXブログもあります。

それぞれの主張にはもっともな理由がありますが、私としては「すぐにリアルトレードをするのはおすすめ出来ない」という考えをもっています。

確かに、少額でリアルトレードを始めることによって、すぐに実戦経験を積み始めることは出来ますし、そのメリットを否定するつもりはありません。

しかしトレードで勝てるようになるには、ただでさえ色々な基礎的なスキルを身につけていく必要があるのに、その練習と上達もまだまだ不十分な状態で実戦トレードも行うというのは、FX初心者にはあまりにも荷が重過ぎます。

例えるなら、まだ自動車を運転できないのに、いきなりレースに出場するようなものです。

レースで完走することもままならず、訳も分からないまま事故を起こしてケガを負いながら、「いい経験になった」とか「コツがつかめた気がする」といって高い治療費と修理代を払い続けるのは、私としては疑問を感じます。

そんな初心者の姿を見ると私は、「その前にもっと色々やることがあるのでは?」とアドバイスをしたくなるのです。

そうした取り組みの必要性については、下の記事を参考にして下さい。

熱心なあなたは、ForexTester3やMT4をつかって日々、裁量トレードのスキルアップをおこなっていることでしょう。 しかし...

FX初心者に必要なツールやFX口座~まとめ

ここまで、FX初心者に必要なトレード環境について、おすすめのMT4、トレード練習ソフト、FX口座を取り上げながら具体的にガイドしてきました。

この記事の『リアル口座で行う「準備と練習」』でも説明したように、早い段階でFX口座をもっておくことは必要なことですし、そこで色々と試して慣れておくべきことがあります。

しかし、そのことと「リアルトレードを始めること」とは、しっかりと分けて考えて欲しいのです。

FX初心者のあなたが今すぐリアルトレード(実戦)をしたくなったら、先程の「無謀なレース参戦」の例え話を思い出して下さい。

FXで成功したトレーダーは全員「FXの世界で生き残った人々」です。だからあなたは、満足に運転できない自動車に乗って大怪我をしては駄目なのです。

こうした内容はもしかすると、ある程度の経験を積んだFX中級者にこそ分かってもらえるものかもしれません。

ですが、FX初心者のあなたに一度でも知っておいてもらえれば、FXの世界で生き残れる確率は高まるでしょうし、チャンスにも出会えるはずです。

この準備ガイドが、あなたの良いスタートのために役立つことを願っています。これから先、FXトレードで悩んだり不安を感じたりしたら、このブログの記事を参考にして頑張って下さい。

以上、初心者におすすめのツールやFX口座は?トレード環境の準備ガイド──を終わります。シリーズ『FX初心者に伝えたい大切なこと』にお付き合い下さり、ありがとうございました。