おすすめのMT4カスタムインジケーター作成ソフトを紹介

MT4インジケータエディタ

MT4で自分専用のカスタムインジケーターを作りたいけど、自分でプログラムするのは難しそう……」──そういって尻込みしたり諦めたりしているなら、おすすめのソフトがあります。

こんにちは、FXトレーダーのmonoです。

今回は、MT4でカスタムインジケーターを簡単に作成できる、便利なおすすめソフト『MT4インジケータエディタ』を紹介します。

このソフトを使えば、プログラムに自信がなくても、あなたが望むインジケーターをシンプルな手順で作成することが可能になります。プログラムを1から作成するよりも格段に作業効率が向上するでしょう。

『MT4インジケータエディタ』がおすすめ

『MT4インジケータエディタ』の仕組みはシンプルですが、条件の設定次第で複雑で込み入ったインジケーターも作成可能です。

MT4標準のインジケーターや、ネット上に公開されているカスタムインジケーターを土台にしながら、値動きやインジケーターのパラメーターに応じた条件を順番に設定していき、独自のサインやライン等をチャートに表示させていきます。

下のリンク先ページに、ソフトの概要とオンラインヘルプ(使い方マニュアル)がありますので、まずはそちらをご覧ください。もしあなたが、普段からMT4でインジケーターをいじっているなら、この便利さにピン!と気づくと思います。

リンク インジケーター作成ソフト『MT4インジケータエディタ』

『MT4インジケータエディタ』の設定画面は、リスト型のインターフェースになっていて、条件設定や表示動作を一行ずつ指定していく形式になっています。

MT4インジケータエディタ条件入力画面

あらかじめエディター専用のインジケーター(EA)をMT4に組み込む方式を取っているため、エディターとMT4とが直結したインターフェイスになっています。

そのためコンパイル(変換作業)の手間が掛からず、動作しているMT4のチャート上で変更点を確認しながら、ストレスフリーで作業することが可能です。

『MT4インジケータエディタ』の特徴のひとつして、他の時間足のレートやインジケーターを参照できる点が上げられます。ですから、マルチタイムフレーム分析を自動で行ってサインを表示させるインジケーターも、自分好みに自由に作成できます。

例えば、複数時間足を利用したインジケーターの簡単な例として、次のようなインジケーターが作成可能です。

  • 他の時間足のMAがパーフェクトオーダーになったら、メインのチャートにサインを表示させる。
  • 他の時間足のボリンジャーバンドがエクスパンションし始めたら、メインのチャートにサインを表示させる。
  • 他の時間足のMACDとパラボリックの方向が同調して条件を満たしたら、メインのチャートにサインを表示させる。

あなたの普段のチャート分析を自動化させたり、トレード判断を素早く正確におこなうサポートをさせたりと、色々なマルチタイムフレーム分析用のインジケーターが作成できるでしょう。

さらに複数の通貨ペアのレートを参照することも可能なので、例えば通貨強弱を利用したインジケーターを試してみるなど、さらなる可能性が考えられます(※複数通貨ペアを参照したインジケーターは、ストラテジーテスター上では動作しないので注意して下さい)。

他にも『MT4インジケータエディタ』では、以下のようなインジケーターを作成できます。

  • オシレーターのパラメーターの傾きやクロスに応じたサインを表示させる。
  • ボリンジャーバンドの任意のσバンドをローソク足がブレイクしたら、サインを出す。
  • RSIなどのオシレーターに移動平均線を表示させる(RSIの平準化)。
  • 複数のMAに独自の条件で雲(ヒストグラム)を表示させる。
  • etc…

このようにアイデア次第で、裁量トレードのための優れた補助ツールや、システマティックなトレード用のエントリーサインツールなど、様々なMT4インジケーターを作ることが出来るでしょう。

詳しくは、下のリンク先のページにオンラインヘルプ(使い方マニュアル)がありますので、そちらをご覧ください。価格は1年ライセンス制で5,500円です。

リンク インジケーター作成ソフト『MT4インジケータエディタ』

『MT4インジケータエディタ』の補足情報

『MT4インジケータエディタ』で作成したインジケーターは、mq4ファイルという形式で保存されますので、インジケーターのソースコードを見ることが出来ます。

生成されるソースコードは非常に単純なアルゴリズムで作成されているため、プログラム初心者でもコードの流れを追うことが可能です。このソースコードを通じて、MT4のプログラミングを本格的に勉強していくのもいいでしょう。

また、『MT4インジケータエディタ』で作成したインジケーターの著作権は、それを作成したあなたにあります。ですから、あなたが望むなら自作インジケーターの販売などを自由に行うことも出来ます。

以上、おすすめのMT4カスタムインジケーター作成ソフトを紹介──についてお伝えしました。

リンク インジケーター作成ツール『MT4インジケータエディタ』

こちらの記事もおすすめです

MT4をつかって過去チャートの検証やトレード練習をしているなら、これから紹介するインジケーターがおすすめです。複数時間足チャートをつか...