『経済指標』とは?指標カレンダーの使い方&指標トレードのリスク

経済指標のイメージ画像

FXをするなら、必ず注目しなければならない経済指標

注目度の高い重要な指標発表のときには、世界中のトレーダーたちが、かたずを飲んで結果を待ちます。

デイトレードやスキャルピングといった短い時間軸でのトレードでは、損切りもタイトにしますので、経済指標の発表は大きなリスク要因のひとつだといえるでしょう。

こんにちは、FXトレーダーのmonoです。

FX用語解説シリーズとして、FXにまつわる用語・単語を取り上げていますが、今回は、「経済指標」の意味や、トレードでの利用方法、それにまつわる関連情報をお伝えしていきます。

経済指標での「FX初心者あるある」

「エントリーした次の瞬間、とんでもなく大きな値動きに巻き込まれて、一気に含み損になってしまい、そのまま強制ロスカット……

なんとも恐ろしい初心者あるあるのひとつです。

これは、毎月第一金曜日の日本時間午後9時30分(米国が冬時間の場合は午後10時30分)に発表される、アメリカの経済指標「非農業部門雇用者数」──通称「米雇用統計」の影響をうけたものです。

米雇用統計の指標発表は夜9時30分なので、日中働いているサラリーマン兼業トレーダーがやりがちなミス、と言えるかもしれません。

ポジションサイズをレバレッジぎりぎりまで大きくしてしまっていたら、「ブンッ!」とレートが動いたら、ひとたまりもありません。

「いやいや、ちょっと、いまのナシ!」といっても、相場は許してくれません。

こうならないためにも、まずは重要な経済指標が、いつ何時に発表されるかをしっかりと把握しておくことが必須です。

わざわざ、しなくてもいい「FX初心者あるある」をする必要はありません。

経済指標カレンダーを活用する

ありがたいことに、経済指標発表の日時は、各FX会社から「経済指標カレンダー」として提供されています。

私が利用しているのは、おもに次の3つのカレンダーです。

リンク 経済指標カレンダー予想&速報 みんかぶFX

リンク 経済指標カレンダー investing.com

リンク 経済指標カレンダー 羊飼いのFXブログ

その日のトレードを開始するときには、かならず目を通しておいて、重要な指標発表の時間はメモしておきましょう。

リスクを避けるために。初心者向けの使い方

初心者向けにおすすめな、経済指標カレンダーの使い方として──

たとえば「みんかぶFX」の指標カレンダーの場合だと、星マークが4つ以上の指標発表では、その時間にポジションをもって通過しない(またがない)ようにしておくだけでも、突発的な値動きで含み損をかかえてしまうリスクを下げられるでしょう。

そのとき、「星マーク4つの経済指標なのに、指標が発表されても全然動かないぞ?」とか、「星マーク5つの指標発表があるからなのか、いまは全然レートが動かないなあ……」といったことに気づくかもしれません。

そうした観察の経験がこれから先、初心者を脱したあなたにとって、大切な資産となって生きてくるのです。

指標トレードという甘い誘惑

以前「指標トレード」というものが大流行した時期がありました。

米雇用統計や、FOMCの政策金利発表など、超重要指標の発表の直前に「上か下か」を予想してポジションをもち、発表される結果によって「当たれば大儲け」「ハズレれば損切り」という、文字通りのギャンブルトレード。それが「指標トレード」です。

それは過去の一時期、悪い意味で「FXの代名詞」と呼ばれたほど、たくさんのFXトレーダーたちを熱狂させました。

そして、もうひとつの指標トレードとして、経済指標の発表によって一方向へ大きく動き出したところで、その方向へエントリーするという、いわゆる「飛び乗りトレード」というものもあります(IFO注文を活用する方法もあります)。

とにかく大注目された経済指標は、発表直後に大きく動くケースが多いので、一獲千金を狙うトレーダーたち、それも多くの初心者トレーダーたちがこぞって、この「指標トレード」に参加しました。

指標トレードにひそむ大きなリスク

「飛び乗り」タイプの指標トレードには、次のような大きなリスクがあります。

  1. 大きな値動きに翻弄され、ポジポジ病になる。
  2. スプレッドが大きく広がり、不利なレートで約定してしまう。
  3. 大きく値が飛んで、想定外に大きな損失を出してしまう。

これらのリスクについて、順に見ていきましょう。

あまりに大きな値動きに翻弄されるリスク

まず、発表直後の値動きがとても大きく、乱暴なほど上下する可能性があることです。

以下の動画を見てください。動画スタートから15秒後に米雇用統計が発表されます。

この、激しく乱高下する動きの中でエントリーしたとして、そのポジションを冷静にもっていられますか?

もし、怖くなって損切り決済したあとに、エントリー方向へグングン動いていったら、どう感じますか?

「ムギギギ……!」「ぜったい、取り返す!」

こんな激しい動きの中で「ポジポジ病」をやらかしたら、どんなヒドイことになるか想像がつくというものです。

そのときはもう、往復ビンタどころの騒ぎではなくなるはずです。

「はあ、なにやってんだ、オレ……」

そう思ったときには手遅れです。

スプレッドが大きく広がり、不利なレートで約定してしまう

重要なポイントとして、経済指標が発表される場面では、スプレッドが大きく広がります。

動画の中でも、青と赤のマークで表示されたレートの間隔(=スプレッド)が、大きく広がっていることが分かります。

どういうことかというと、FX会社もリスクを嫌いますから、そのためにスプレッドを大きく広げて、乱高下でのリスクをトレーダーにまわしてくるためです(※詳しい説明は、また別の記事であらためてお伝えできればと思います)。

FX会社も営利企業であってボランティアではないのですから、これはある意味で当然の対応です。

そのことを知らずに儲けばかりに目がいってしまい、指標発表でエントリーしてしまうことは、「大きなスプレッド分のハンデを自分で背負い込むこと」になるのです。

「よし、買いでエントリーできた!」と思ったら、自分の買値はチャートのはるか上、ものすごい含み損からスタート……なんてことは当然のように起こります。

もし、そのまま反転していったら、あなたは冷静に正しく損切りできますか?

指標ギャンブルは、もってのほか

指標発表の直前に「上か下か」を予想してポジションをもち、それが狙った方向へ動くことに賭ける、そんなギャンブルトレードには「飛び乗りトレード」を上回るリスクが存在します。

それは、発表直後に「値が飛ぶこと」です。

さきほどの動画でも、指標発表の直後、瞬間的に大きく上へレートが飛んでいく様子がわかります。

日ごろFXでチャートを見ていると、レートの動き(値動き)は、ジワジワと連続的に動いていくものだと思い込んでいますが、実際にはちがいます。

その瞬間ごとに売り注文と買い注文がマッチして(成立して)、その瞬間での為替レートが決まっていきます。

普段はその「売買が成立するレート」の変化が少ないので、ジワジワ動いているように感じられるだけです。突発的なできごとがあれば、「売りと買いの注文が全然成立しない」という事態に陥ります。

すると、たとえば瞬間的に買い注文が大量にでた場合、それを受けてくれる売り注文が不足するため、相場は注文が成立するレートを探して、瞬間的に一方向へ動くことになるのです。

指標発表の時刻に「ボンッ!」と50~100pipsも瞬間的に動いたとき、それが思惑と反対だったとしたら、小さく設定しておいたロスカット注文など、まったく無意味になります。

これは極端な話でもなんでもなく、経済指標発表の直後に強制ロスカットされて、口座が吹っ飛んだという話は、よく目にしたものなのです。

指標ギャンブルトレードは、ポジションをもつこと自体に難しさはないので、初心者でも簡単に行うことができてしまいます。

なので、目先の儲け話に目がくらんだ初心者トレーダーたちが、本当にたくさん強制ロスカットにあって、砕け散り、FXから退場していきました。

あなたには、そんなトレードはしないで欲しいのです。

経済指標とはなにか?

経済指標とは、世界各国の政府や、経済関連の中央省庁、中央銀行が発表する「経済に関する統計情報」です。

経済指標は、その国の物価や金利、景気の動向や貿易の収支などがあって、これらは、その国の経済状況を測るうえでの重要なものさしとなるので、マーケットは常に注目しています。

経済指標は発表されるだけではなく、事前に金融機関や調査会社が予想を報じます。

この事前予想をもとにして、FX(為替取引)のみならず、ファンダメンタルズを重視するあらゆる相場参加者たちは、「これからの相場はどう動くか?」を考え行動を起こしています。

予想とは違ったことによるインパクトもある

経済指標の発表が大きな変化を伴うものだったとしても、それが事前に予想された範囲内のものであったなら、市場への影響は限定的なものになります。

これを「織り込み済み」といいます。

逆に、発表された指標にほとんど変化がなくても、「大きく上昇するはず!」と予想されていた場合は、「予想とは違った!」というギャップからくるインパクトを市場にもたらすことになるのです。

以上、FX用語解説「経済指標」指標カレンダーの使い方&指標トレードのリスクについて、お伝えしました。