『ヴィクター・ニーダーホッファー』とは?その必敗のトレードを追う

ヴィクター・ニーダーホッファー FX用語解説

あなたは、伝説のトレーダー、ヴィクター・ニーダーホッファーをご存知ですか?

あのヘッジファンドの帝王ジョージ・ソロスから、パートナーとして招かれるほどの優れたトレーダーであり、1996年まで驚異的な勝利を重ね、「世界一の投機家」と呼ばれたほどの人物です。

こんにちは、FXトレーダーのmonoです。

FXにまつわる用語を解説していく「FX用語解説」シリーズ、今回は人名です。稀代の名トレーダー、ヴィクター・ニーダーホッファーを取り上げながら、彼のもっていた“危うさ”から導き出される「教訓」について解説していきます。

ヴィクター・ニーダーホッファー。その華麗なる経歴

ニーダーホッファーは、1943年12月10日生まれました。

彼の祖父は、1929年のニューヨーク株式市場の大暴落によって破産。このことが、その後のニーダーホッファーの姿とオーバーラップし、言いようのない気もちにさせられます。

文武両道の才人ニーダーホッファー

いつの時代にも、勉強もスポーツも万能な人間がいるものです。

ニーダーホッファーも文字通りの文武両道で、彼は特にスポーツに秀でていて、スカッシュの学生チャンピオンに5度も輝いたほど。

1962年にはハーバード大学へ入学しますが、そのときもスカッシュによる推薦入学だったといいます。大学では経済学を専攻し、その後、シカゴ大学で博士号を取得して他大学で准教授にまでなります。

そのころのニーダーホッファーは、市場の非合理性に関する論文をいくつも発表し、その内容の重要性が学界でも認められることとなり、アカデミックな世界で高い評価を得ます。

この時点では、周囲の目からは「優れた学者先生」というイメージだったと思われ、その後の投機家としての華々しさとは、大きくことなる印象があります。

ファンドを設立して相場キャリアをスタート

その後、ニーダーホッファーは学者としての道に見切りをつけて、1972年には自らの投資ファンドを設立し、1976年にはさらに資産運用のコンサルティング会社を設立。

それから1980年までの間に、ファンドで大きな利益を出すことに成功し、その成果は、ついにジョージ・ソロスの耳にも入ることとなります。

さすがは、のちに「世界一のトレーダー」と呼ばれるだけあって、キャリアのスタートから既に常人とは違うものを感じさせます。

ヘッジファンドの帝王、ジョージ・ソロスに招かれる

ニーダーホッファーの才能に目をつけた、天才投資家ジョージ・ソロス。

ソロスはニーダーホッファーを、ファンドのパートナーとして招き入れます。

彼は1982年から1990年までソロスのファンドで活躍し、のちに債券と為替部門の責任者を務めるまでになり、そこでもニーダーホッファーは大きな成果を上げ続けます。

やればやるだけ結果が出るという、「もう、誰にも止められない!」といったイケイケな様子がうかがえます。

いうまでもなく、ソロスはこのときのニーダーホッファーを高く評価しており、彼がソロスのファンドを去ったときには、「私のファンドから、私が首にしたのではなく去った初めての人物だ」と残念がるほどでした。

さらにソロスは、自分の息子をニーダーホッファーのファンドに就職させて、そこで学ばせているほどですから、その手腕への信頼がとても高かったことがよく分かります。

ジョージ・ソロスについては、以下の記事も参考にしてください。

『ジョージ・ソロス』とは?ヘッジファンドの帝王のエピソードの数々
FXに限らず、相場の世界を知る人のなかで、もっとも有名な人物のひとり、それがジョージ・ソロスです。そのエピソード...

ニーダーホッファーのファンドは順調そのもの

こうした華麗な経歴とソロスからの厚い評価を背景に、ニーダーホッファーのファンドは着実に運用資金を集め、運用成績を上げていきました。

当時の運用成績は年率で毎年30%以上だったとされ、これは中~大規模なファンドとしては、異例に高い成績だったといえるものです。

さらにこの頃、彼は劇的な成功を収めています。

それは1994年の円高局面のとき、ニーダーホッファーは市場コンセンサスとは反対の「円安」に賭けて、一気に大勝負に出ます。

そしてこれが見事に大当たりとなって、このときも「さすがはニーダーホッファー……!」と、その勝負師としての鋭さにみな舌を巻いたといいます。

しかし、こうした「伸るか反るか」のトレードによる大成功は、危険な道へと進んでいく「悪魔の誘い」でもあったのです。

彼に訪れた破滅のとき──1997年アジア通貨危機

1997年、当時「アジアの奇跡」とまで呼ばれるほどの経済成長をとげていた国、タイ。

そのタイに注がれていた世界中の投機マネーが、投機家たちの利食い(通貨バーツの売却による利益確定)によって一斉に引き上げられ、その結果タイは経済破綻してしまいます(アジア通貨危機)。

その大きな事件のなかで、ニーダーホッファーは悪魔に手をひかれて、破滅への道を進んでいたのです。

とにかく、以下の動画を見てください。

その息をのむドラマティックな展開、そして敗残の将となったニーダーホッファーの生々しい独占インタビューに、あなたはきっと目が離せなくなるでしょう。

1997年10月27日、大暴落したニューヨーク証券取引所の様子から動画は始まります。

そして「大暴落の日、ニーダーホッファーが一日で50億円以上の損失を出した」というニュースが報じられ……

──いかがだったでしょうか?

破産してまだ間もない時期にインタビューされた映像なので、その目がうつろなのが何とも痛々しく、その衝撃の大きさを感じさせます。

大邸宅に所蔵されていた彼の銀製品のコレクションや古書などは、すべて追証の抵当として持っていかれ、部下として抱えていたトレーダーたちも去っていきました。

あのときニーダーホッファーが受けた痛みは、金銭的なものではなく、自分自身の強さが否定されたこと、さらにいえば、彼の全能感が否定されたことにあったのではないかと思います。

それにしても、この動画に登場する人物の豪華なことには目を見張るものがあります。

ジョージ・ソロスを筆頭に、ポール・サミュエルソン、ロバート マートン、さらには「ブラック-ショールズ方程式」と「LTCM(ロングターム・キャピタル・マネジメント)」で有名な、あのマイロン・ショールズまで登場します。

彼はなぜ破滅してしまったのか?

アジア通貨危機での破滅のとき、ニーダーホッファーは何をしていたのかを整理してみましょう。

  1. アジア株式市場の強い下降トレンドに、真っ向から逆らった。
  2. 沈みかけた船となった自分のポジションに、大きなナンピンをした。
  3. プットの売りポジションへのリスクヘッジをしていなかった。

彼のアジア通貨危機でのトレードの特徴としては、こういったものが上げられます。

投機の天才と呼ばれた男には失礼ながら、こうしてみると、いわゆる「負け続けるトレーダー」と同じものを感じてしまいます。

いうなれば、必敗の法則に沿ったトレードです。

トレンドからの反転を狙った一発勝負や、大きくナンピンすること、さらにはリスクヘッジをしないこと。

これらを続けていると確かに多くの場合、一時的にはその勇気に見合う以上の成果が得られるかもしれません。

しかしそれは──いつか必ず──破滅のときを迎えるものなのです。

そしてニーダーホッファーもその例外ではなかった、ということです。

極めつけは、彼のポジションが強制ロスカットとなったその日、相場はニーダーホッファーの思惑通り、大きく上昇していったことです。

これも「FX初心者あるある」として有名な、「あなたの売ったそこが底」というもので、このとき、スーパーベテラントレーダーである彼の心中は、いかほどだったでしょうか。

※オプションの売りのメリットと、その大きなリスクについては、以下のリンク先が参考になります。

参考リンク オプションの売りで利益を得る

※ナンピンのリスクや、ナンピンを戦術的につかう方法については、以下の記事をどうぞ。

『ナンピン』とは?その意味を理解して戦術的にエントリーする方法
「ナンピン」という言葉からは、負けトレードをズルズルと引き伸ばしているイメージがありますが、あなたはその本当の姿を理解し...

不死鳥のニーダーホッファー。そして再び悲劇へ

一度は破綻したニーダーホッファー。

しかし彼は、そのままでは終わりませんでした。

「彼の才能は本物だ。今回はあと少しだけ資金が足りなかっただけだ」──そう考えたのかどうかはともかく、彼の賛同者たちの力によって、ニーダーホッファーは再び相場の世界へ返り咲くのです。

彼自身、私財を売り払い、大豪邸を担保に入れて作った資金を元に、再びファンドを設立します。

新しいファンドは2001年から2006年にかけて、これまた年率平均50%以上という、驚異的なパフォーマンスを出しながら運用を続けていきました。

そのズバ抜けた運用パフォーマンスは、2006年に「マーヘッジ(MarHedge)賞」が贈られるほどのものでした。

サブプライムローン問題に巻き込まれ、無念のファンド消滅

しかし、しかし、またです。

2007年のサブプライムローン問題によって、ニーダーホッファーのファンドからも次々と資金が引き上げられてしまいます。

ついに資金の75%が引き出されてしまった結果、2007年11月、彼のファンドは消滅することとなりました。

このときはニーダーホッファー自身にミスがあったわけではないようなので、その無念さも大きかったのではないでしょうか。

ニーダーホッファーから学ぶ教訓

彼のトレードから見えてくるのは、その過剰なまでの勇気です。

キャリアの初めからグイグイと成功の道を進んできたニーダーホッファーにとっては、その勇気は自然な原動力だったのかもしれません。

しかし撤退する勇気は、残念ながら少し足りなかったように感じられます。

私たちは、FXを実践していくなかで相場への畏怖を忘れず、「何ごとも起こり得るのだ」と肝に銘じて、何よりもリスク管理を最優先にしていきたいものです。

以上、『ヴィクター・ニーダーホッファー』とは?その必敗のトレードを追う──でした。

こちらの記事もおすすめです

『リスク』とは?その意味とFX初心者が知るべき不確実性の対処方法
あなたはFXのリスクというものを、しっかり分かった上でトレードしていますか? 「FXはハイリスクだから、気をつ...
勝ち方よりも大切な、証拠金を守る方法とは?FXで突然のリスクにうろたえる前に
用事をすませて帰ってきた昼下がり、私はいつものようにチャートに向かいました。しかしそのときはまだ、その後にやってくる大ピ...
FX会社が突然営業停止!?実録エピソード「そのとき私はどうしたか」
あなたが日々トレードしているFX会社が、ある日突然「営業を停止します」といったら、どうしますか?そこでの行動が、...