FXで勝てる人と負ける人の違いとは?これが出来れば稼げるようになる

勝つトレーダーのイメージ画像

「FXで勝っている人と負けている人には、どんな違いがあるんだろう? それが分かれば勝てるようになるのでは?」

もし、こんなふうに考えたことがあるのなら、今回の内容が役に立つかもしれません。

こんにちは、FXトレーダーのmonoです。

今回は、FXで勝てるようになる人、FXで負けてしまう人、それぞれの特徴的な行動パターンを解説していきます。

どちらもスタート地点は同じだった

FXをはじめる動機は「お金がほしい!」を筆頭に色々ありますが、そこに共通して見られるのは「自分にも出来るんじゃないか?」という思いではないでしょうか?

そしてビギナーズラックがあったりしながらも、なかなか思い通りにいかなくて、「なぜだ、こんなはずじゃなかったのに……」と、壁にぶつかってしまうものです。

ここまでは、FXで勝てるようになる人も、負けてしまう人も同じです。

つまりスタート地点はどちらも同じだったのです。

最初の大きな分岐点「稼ぐことを脇に置けるか?」

最初の壁にぶつかったとき、このときが最初の大きな分かれ目になります。

ここで「勝てる人」は、FXで稼ぐという目的を一旦、脇へ置いて、「FXのことを学ぶ」という選択をします。

稼ぐために始めたFXを一旦やめるような形になるので、周りから見ると「あきらめた」ようにも見えます。

しかし「勝てる人」の頭のなかでは、「今のまま続けても損失が増えるばかりだから、一旦トレードをストップするべきだ」という合理的な判断をしているのであり、勝てるようになるために、「いま自分に欠けているものを学び取ろう」と考えているのです。

稼ぐことから離れられない「負ける人」

「負ける人」は、なかなか勝てない状況の中で、なんとかして稼ごうとしてトレードを続けます。

「FXで稼ぐためにはトレードをしなくてはいけない」と思っていますから、「負ける人」には他の選択肢などあり得ないのです。

こうして、どんどん損失を重ねてしまい、最後にはFXから退場していくことになります。

そうなる前に「FXのことを学ぶ」という選択肢に気づくトレーダーもいますが、その多くは、トレードをそのまま続けながら勉強をしようとするため、損失が増え続ける状態のままになってしまいます。

ですからこの場合も、いずれ資金がなくなってしまいFXから退場──ということになるのです。

落胆する様子

勝てる人は稼ぐことを脇において、自分の中にトレードの軸を作っていく

勝てる人は、一旦トレードをすることから離れて、自分の中にトレードの軸を作ろうとします。

トレードの軸とは、トレードをする上でブレないもののことで、つまり「自分のトレードルールをもつ」ということです。

勝てる人は、FXの世界が「確率の世界」だということを理解し、その確率の世界でうまく立ち回るために大切なのは、トータルで利益が残る「優位性のある行動」だということを踏まえて、自分のトレードルールを模索していきます。

具体的には、ごくシンプルなルールを一定回数くり返してみて、その結果を元にして自分なりにフィルターをかけたり、別のシンプルなルールと比べてみたりします。

そうして徐々に形になってきたルールで、FT3(ForexTester3)やMT4をつかって模擬トレード(練習トレード・売買シミュレーション)をしていきます。

模擬トレードをするためのツール類については、こちらの記事で解説していますので参考にして下さい。

裁量トレードの練習ができる優れたFX練習ソフトや、無料のFX練習ソフトを探しているなら、この記事に答えがあります。 こんにちは、...

こうやって検証作業を進めていって、少しずつ自分の中に「自分のトレードルールへの信頼」を築いていくのです。

FXで稼ぐことを脇におけば、勝てるようになるまで続けられる

勝てる人は、「これならイケるんじゃないか?」という手応えを感じられてから、リアルトレードへと進んでいきます。

ですが、いきなり上手くいくことは少ないので、学習~模擬トレードのプロセスを行ったり来たりすることになります。

ここで大事なポイントは、こうしたプロセスのなかで無闇にリアルトレードをしない結果、「勝てるようになるまでFXの世界にとどまっていられる」という点にあります。

負ける人が、勝てるようになるまでリアルトレードを続けてしまう結果、FXから退場していったのとは反対に、勝てる人はリアルトレードを控えることで、勝てるようになるまでFXを続けていられるのです。

「お金を稼ぐために、お金を稼ぐこと以外のことをする」──FXを始めた最初の段階でこの行動がとれるかどうかが、勝てる人と負ける人を分ける大きな違いになってきます。

FXで連敗・連勝したときの違い

トレード戦略

今度は、勝てる人と負ける人の「トレード中の違い」について見てみましょう。

FXが確率の世界である以上、どんなに優位性のあるトレードルールでも負けトレードになることがありますし、連敗になることも当然あります。

言葉にすると何とも当たり前なのですが、これがチャートを前にして感情的になっていると、まったく受け入れられなくなるのです。

勝てる人は、連敗を事前に体験しているから受け入れられる

勝てる人は、リアルトレードに入る前に、数多くの過去チャートでの検証作業や、ForexTester3やMT4などで模擬トレード(練習トレード)を繰り返していますから、すでに自分のルールで起こり得る連敗を体験しています。

つまり、連敗はあり得るということを、身をもって実感しているということです。

ですからリアルトレードで初めて連敗になったときも、それが確率的に起こり得る事実だということを、心理的に受け入れやすくなっています。

たしかに最初はいい気持ちはしないかもしれませんが、「起こり得ることが起こっているのだ」という認識は正しく持てています。

そのため負けトレードの後も、チャートに同じ状況が現れれば、また同じようにエントリーすることが出来るのです。

負ける人は、目先の連敗に動揺してしまう

反対に負ける人は、連敗が起こる確率的な必然性を実感として理解していないので、目の前の負けトレードに激しく動揺してしまいます。

連敗してしまうと「自分のトレードルールに優位性がないのでは?」と疑問を感じて、さらなる不安に陥ってしまうのです。

それが単に、確率的に起こり得る連敗だったとしても、そもそも、それに気づく手段をもっていませんから、自分のルールへの疑問や不安を解消するためには、「次のトレードで勝つこと」しかなくなってしまいます。

こうして「目先のトレード結果に一喜一憂する」という悪い習慣が強化されていってしまい、ますます「FXは確率の世界である」という理解から遠ざかってしまうのです。

優位性がないのはトレードルールではなく、FXへの取り組み方(姿勢)それ自体なのです。

勝てる人は、連敗から新たな優位性を発見していく

勝てる人にも、「これはマズイんじゃないか?」と思えるような連敗は、当然やってきます。

利益も積み上がらず、トントンだったり、ドローダウンから抜け出せなかったりして、さすがに首をかしげる状況です。

そんなとき勝てる人は、またFXで稼ぐことから離れて、この「負けが続いているチャート状況」を注意深く観察しはじめます。

そして、過去に同じようなチャート状況がなかったかを調べ始めます。

今のチャート状況と過去のチャート状況に、何か共通するパターンはないか、もし見つかれば、その状況で優位性のあるトレードをするにはどうすればいいか、それを考えていくのです。

つまり再びFXで稼ぐことから一旦離れて、トレードの軸を作ることに集中するわけです。

勝てる人はこうしたことを繰り返して、徐々に強いトレーダーへと成長していきます。

負け続けている人に求められるのは、「今すぐ稼ごうとする気もち」を手放すこと

トレードする様子

こうして見てきたように、FXで勝てる人の「トレーダーとしての優位性」は、いつでも「FXで稼ぐこと」から離れられるという点にあるといえます。

今、もしあなたがトータルで負けているのなら、あなたに求められているのは「今すぐ稼ごうとする気もち」を一旦、手放すことです。

FXをやめろとも、ダメだともいいません。

しかし一度、リアルトレードをストップしてみて、資金が減らない状況にした上で、足りない知識やスキルを身につけることに時間をつかってみて欲しいのです。

トレードしないことが機会損失に感じる場合

一旦トレードをストップすることで、本来なら稼げていたはずの利益を逃しているように感じられる──つまり機会損失だと感じられるというなら、それは「欲」から生まれる錯覚です。

実際には、トレードをすればするだけ損失が増えていて、その結果がトータルでのマイナスとなって表れているのです。

今ここで踏みとどまる勇気を出せれば、今すぐ損失が止まって、冷静でクリアな気もちで学習や検証作業に取り組むことが出来るようになります。

これは遠回りどころか、はるかに近道なのです。

意識の持ち方を少し変えてみる

「FXでお金を稼ぐ」という目標を達成するということは、つまり「FXで勝つ」という目標を達成するということです。

ならば、その目標を達成するには、「FXで勝つための取り組み」が必要なのであり、それを続けていくことで「FXで勝つ」という目標に近づけるということです。

その「FXで勝つための取り組み」というのが、FXの学習であり、FXの検証作業であり、FXの模擬トレードであり、リアルトレードでの実践なのです。

そう考えれば、今なにをするのが目標達成のためになるのか、そして何が余計なことなのかが、自然と分かってくるのではないでしょうか?

FXで勝てる人と負ける人の違い~まとめ

FXで勝てる人と負ける人の違いは、一旦、稼ぐことから離れて、FXで勝つために必要なことに取り組めるかどうか、ということです。

結果が出ないということは、自分に足りないものがあったり、必要ないものを抱え込んでいるということですから、それを身につけたり手放したりすることが必要です。

今回のような話は、なかなか受け入れてもらい難いので、この内容が伝わる人は限られてくるでしょう。

でも、ここまで読んでくれたあなたなら、「負ける人」の道を避けられる可能性がありますので、着実に頑張っていって下さい。

このブログには──

  1. FXが学べるおすすめの本
  2. テクニカル分析についてのカテゴリー
  3. 検証方法に関するカテゴリー
  4. 専業トレーダーを目指す具体的な方法

──などの記事がありますので、参考にしてみてください。

焦らなくても相場は逃げませんから、じっくりと考えて取り組んでいってください。

以上、FXで勝てる人と負ける人の違いとは?これが出来れば稼げるようになる、についてお伝えしました。

こちらの本もおすすめです

ゾーン 最終章──トレーダーで成功するためのマーク・ダグラスからの最後のアドバイス
ゾーン 最終章──トレーダーで成功するためのマーク・ダグラスからの最後のアドバイス

価格と詳細へ
  • 著者:マーク・ダグラス, ポーラ・T・ウエッブ
  • トレード心理学の大家の集大成。メンタル問題解決のパイオニアの遺作。

※Amazonの「Kindle Unlimited 無料体験」を使うと、この本を今すぐ無料で読めます。

リンク 今すぐ無料で読めるKindle版『ゾーン 最終章』のページへ

トレードコーチとメンタルクリニック──無理をしない自分だけの成功ルール
トレードコーチとメンタルクリニック──無理をしない自分だけの成功ルール

価格と詳細へ
  • 著者:バン・K・タープ
  • 自己変革の第一歩を踏み出し、内側に眠る真のパワーを発見できる一冊。
「FXの本は色々あるけど、結局どれを読んだらいいんだ?」 「これだけは読んでおけ!っていう、決定版のおすすめ本はどれ?」...
「またやっちまった……」 「分かってるのに、どうしてもできない!」 あなたも、そんなメンタルの悩みをかかえているの...