FXの証拠金トラブルの問題解決方法とは?役立つ無料相談窓口を紹介

無料相談窓口のイメージ画像

「この損失は、納得がいかない……!」「FX会社に、損害賠償させる!」

FX会社と証拠金トラブルになったとき、あなたはどうしますか? 周りに相談できる人や、助けてくれる人がいますか?

そんなとき、フィンマック(FINMAC)をはじめとした相談窓口が、助け舟になってくれる可能性があります。

こんにちは、FXトレーダーのmonoです。

今回は、FX会社とのトラブル解決のために役立ってくれる、無料相談窓口について解説していきます。

フィンマック(FINMAC)~証券・金融商品あっせん相談センター

FX会社とのトラブルがあったら、まずは「フィンマック(FINMAC)」へ相談してみましょう。

フィンマックとは、FXや株といった金融商品を専門とした相談センターで、FX会社との問題を公正で中立な立場から解決へと導いてくれます。

もちろん金融庁や法務省から認定を受けているので、信頼性は問題ありません。

公式サイトへは、下のリンクからどうぞ。

リンク 証券・金融商品あっせん相談センター(フィンマック|FINMAC)

フィンマック(FINMAC)がしてくれること

具体的にフィンマックがあなたのためにしてくれることは、次の3つです。

  1. 『相談』
    その問題・トラブルについて、相談員が助言やアドバイスをしてくれます。
  2. 『相手への苦情の取次』
    苦情内容を相手のFX会社へ伝え、問題解決を目指してくれます。
  3. 『あっせん手続(紛争解決)』
    弁護士が、紛争解決委員となって立ち会い、双方の間に入って解決を目指します。

フィンマック(FINMAC)の「あっせん手続」とは?

ここで気になるのが、「あっせん手続」と呼ばれるものではないでしょうか?

あっせん手続とは、フィンマックを通じてFX会社へ苦情を伝えてもらっても解決できなかったとき、弁護士の立ち会いのもと、お互いの話し合いによって解決を目指す方法のことです。

この「あっせん手続」は、訴訟による解決とくらべて、費用と時間の負担がずっと軽くて済むのが特徴です。

フィンマックは、あっせん手続を受けたら4ヶ月以内の解決を目指してくれるとのことで、これは裁判とくらべて、かなりの時間短縮になります。

そして、なによりも費用面でのメリットが大きいです。

『相談』と違って、あっせん手続は有料ですが、裁判を起こすことに比べれば、びっくりするほど安いのです。

あっせん手続に必要な金額は、あなたがFX会社に請求したい損害賠償額に応じて変わります。

下のリンクから、料金をチェックしてみてください。

参考リンク あっせん申立ての料金表|フィンマック

なぜ、こうした格安料金で行うことが可能なのでしょうか?

それは「ADR(裁判外紛争解決手続)」という国の制度のおかげです。

これまで、裁判費用や時間の問題で「泣き寝入り」してきた消費者を守るため、こういった制度が整えられた経緯があります。

ですから、もしあなたが「弁護士や裁判なんて……」と二の足を踏んでいるのなら、一度相談してみる価値があります。

必見。フィンマックで解決された相談事例集

フィンマックの公式サイトでは、これまでに解決されたケースが「紛争解決手続事例」として、しっかり公開されています。

この相談事例をみることで、あなたの抱える問題・トラブルが解決可能なものなのかどうか、イメージできると思います。

PDFファイルで、かなりの量が公開されていますから、あなたとよく似た問題・トラブルを探して、ぜひ参考にしてください。

参考リンク 紛争解決手続事例(四半期)|フィンマック

参考事例「FX初心者に無理やりトレードさせたケース」

フィンマックの資料から、ひとつ事例を紹介しましょう。

「勧誘に関する紛争」として、FXの「くりっく365」で起きたトラブルです。

FX会社の担当者は、FXの初心者である相談者に対して、「担当者の主導で」売買をくり返させていました。さらには両建てのポジションまで持たせてしまい、相談者は大きな損失を被る結果に。

これには怒り心頭の相談者。フィンマックへ相談し、FX会社へ損害賠償を求めました。

相談者からの求めに対して、FX会社側はこう反論しています──

  1. 「いつも相談者の意思を確認してから、注文を受けていた」
  2. 「両建ては、本人が望んたことで、かってに売買なんてしていない」
  3. 「この相談者は、投資経験年数が長いから、そもそも初心者ではないし、相談者にも落ち度がある」

──と、案の定、真っ向対立といったことになっていました。

この事例集が興味深いのは、公平な立場から仲立ちしてくれる「フィンマックの紛争解決委員」による見解が、しっかり書かれていることです。

その趣旨は、こうです──

  1. 「相談者は、FXの基本的な仕組みも理解できていないです。FX会社は説明不足であり、それだけでも大きな落ち度で、問題があります」
  2. 含み益だったポジションが含み損になってしまったことは、相談者の落ち度です」
  3. 「両建てをさせたのは、手数料稼ぎと非難されても仕方がないです」

──と、こういう具合に判断して、公平で中立な立場から和解案を提示してくれるわけです。

この事例の結果は和解となって、相談者のもとには180万円が戻ったとのことです。

相談者としては、「もっとしっかりFX会社を責めてよ!」といいたくなるかもしれませんが、自分で弁護士を雇って訴訟をするハードルが高い場合は、フィンマックへ相談するのが現実的な選択肢ではないでしょうか。

フィンマックの成り立ちから見る、その役割の限界

ところで、フィンマック(FINMAC)は、日本証券業協会や、金融先物取引業協会をはじめとする、5つの自主規制団体によって運営されている機関です。

ということは別の見方をすると、「FX会社の上部組織が運営している相談窓口」ということにもなるわけです。

ドラえもんで例えるなら──スネオにいじめられたので、スネオのお母さんに相談にいったら、「うちのスネちゃまは、そんなに悪くないザマス」といわれた──という状況も考えられなくもないわけです。

ですので、以下のような意見もあります。

参考リンク 全銀協・FINMACに相談された方へ|金融証券取引.com

とはいえ、投資やFX専門の無料相談窓口があって、そこで蓄積されてきた解決ノウハウを活用することができるのは、やはりありがたいことです。

「いきなり弁護士は……」とか、「とにかく話を聞いてほしい」という場合は、まずフィンマックに電話かメールしましょう。

それに抵抗があるなら、このあとで紹介する他の無料相談窓口へ連絡してみてください。諦めてしまったら、そこでゲームセットになってしまいます。

詳しくは、下記のリンクから公式サイトをごらんください。

リンク 証券・金融商品あっせん相談センター(フィンマック|FINMAC)

FXトラブル・問題を相談できる、その他の無料相談窓口

フィンマック以外にも無料相談窓口がありますので、続いてそれらをご紹介しましょう。

国民生活センター

ご存知、国民生活センターです。

相談窓口で、いきなり専門的な相談は難しいですが、そこから適切な相談窓口を紹介してもらえたり、あなたの住む地域の消費生活センターを案内してもらえるでしょう。

電話をするなら消費者ホットラインへ(局番なしの「188」です)。

参考リンク 外国為替証拠金取引|国民生活センター

法テラス(日本司法支援センター)

法テラスは、国が設立した公的な機関です。

ここにも無料相談窓口があり、電話相談を受け付けてくれます。

弁護士に話を聞いてもらうことで、八方ふさがりだと感じていた問題に光がさす可能性があります。

私も過去に、ある問題で弁護士に相談した経験があるのですが、電話で弁護士と話をするだけでも、「自分には味方がいる!」という気もちになれて頑張れたものです。

実際に弁護士と契約して示談や訴訟に挑むべきかどうか、それは今は悩んでもしかたがありません。せっかくの無料相談窓口です。まずは話を聞いてもらうことから始めましょう。

リンク 日本司法支援センター「法テラス」

以上、FXの証拠金トラブルの問題解決方法とは?役立つ無料相談窓口を紹介──をお伝えしました。