恐怖ストレスと闘争・逃走反応。FXで勝てないのはバカになってるから?

バカになっている

「FXで勝てないのは、バカになってるからだ」といわれたら、どう思いますか?

「おい、バカにするな!」と怒られそうですが、ちょっとまってください。

決してあなたがバカだといっているのではなく、あくまでも「ある理由で一時的にバカになってしまっている」ということなのです。

そしてこのことが、あなたをFXで勝てなくしている「決定的な要因」のひとつなのです。

こんにちは、FXトレーダーのmonoです。

今回は、「恐怖」というストレスが起こす「闘争・逃走反応」を取り上げながら、トレード中に「あなたがダメな状態」になってしまう原因とその解決方法について、解説していきます。

FXが突きつけてくる、「未来は決して分からない」という恐怖・ストレス

よく言われることとして、「未来の値動きは、決して分からない」というものがあります。

理屈では納得できても、実感としてはなかなか理解できないものだと思います。

なぜなら普段の日常生活の上では「未来のことは、だいたい分かるもの」だからです。

明日の天気は大体わかりますし、明日の予定も大体その通りに実行できるものですし、夜に布団に入って朝になれば、またいつもの一日が始まるものです。

だから感覚的に「未来はだいたい分かっているし、今の状態が何となく続くもの」と思って生きているということなのです。

ところがFXでは、一瞬先の未来も分からず、常に値動きに翻弄される立場に立たされます。

上かと思ったら下へ、下かと思ったら上へ、まったくのデタラメで動いているのかと思えば、つぎは一方向へ規則的に動いていったりして、徹底的にこちらの「未来の予想」をゆさぶってきます。

こうしてFXは、「未来のことは、決して分からないのだ」という厳然たる事実を、はっきりと突きつけてくるのです。

恐怖はストレス反応を呼び、「闘争・逃走反応」を生む

そもそも人間は、生き延びるためのリスクに対して、本能的な強い恐怖(ストレス反応)を感じるようにできています。

FXが突きつけてくる「未来がどうなるか分からない状態」も、とても大きなリスクなので、そこに強い恐怖(ストレス反応)を感じてしまうのです。

そして人間は恐怖を感じると、そのリスクから逃れるために「戦うか・逃げるか」の二者択一という、極端な反応をしてしまいます。

これを「闘争・逃走反応」といいます。

この反応は太古の昔、原始人だった人類にとっては、生き延びるために役立つ仕組みでした。目の前に現れた危険な猛獣に対して、あれこれ考えていては襲われて食べられてしまいますから、とにかく行動することが必要だったのです。

しかし、現代に生きるわたしたちにとっては、この「闘争・逃走反応」は、あまりに過剰なものなのです。

なにせ、この「闘争・逃走反応」の仕組みは、猛獣に襲われそうな状況で役に立つようなものですから、日々のなかで感じるちょっとした恐怖(ストレス)でそんな反応をしていては、日常生活が大変なことになってしまいます。

そして実際、FXで感じる恐怖(ストレス)によって、この過剰な「闘争・逃走反応」が起きていて、そのために、トレード判断や行動がおかしなことになってしまっているのです。

「闘争・逃走反応」があなたに与える影響

FXの恐怖・リスク

FXで恐怖(ストレス)を感じて「闘争・逃走反応」の状態になったら、どんなことになるのか、具体的に見ていきましょう。

以下は、「闘争・逃走反応」になったときに一時的に起こる、体の変化の例です。

「闘争・逃走反応」で一時的に起こる体の変化の例

  • 筋肉に優先的に血液が送られるようになる。
  • 筋肉により多くの血液を送るため、心拍数や呼吸が増えて、血圧も上昇する。
  • 筋肉が、素早く、強く動けるように、緊張状態になる。

これだけを見ると、ひたすら身体能力を高めようとする反応のように見えます。

確かにこうして身体能力を一時的に高めれば、猛獣と戦ったり逃げたりして、生き延びる可能性が高まるのが分かります。

しかし、現代社会では無用ともいえる「過剰な反応」ですし、こうして一時的に身体能力を高めることと引き換えに、ほかの体の機能が一時的に低下したり、やっかいな反応をするようになってしまうのです。

次は、それを見てみましょう。

「闘争・逃走反応」によって一時的に低下する機能と、新たに生じる「やっかいな反応」

  • 胃などの消化器官の働きが阻害されたり停止する。
  • 膀胱がゆるむ。
  • 涙腺と唾液腺の機能が阻害される(口がカラカラになる)。
  • 耳が遠くなる。
  • 視野がせまくなって、周辺のものが見えなくなる。
  • 刺激に対して突発的な行動をしやすくなる。
  • 合理性や熟慮性を失う(IQが下がる)。

いかがでしょうか?

特に最後の二つの項目には、ドキッとしたのではないでしょうか?

自分が「生きるか死ぬか」という場面では、のんびりと考えていてはダメなので、理性をおさえて、ひたすら目の前の刺激に対して反射的に対応しようとするのです。

つまり、一時的にIQを下げて、何も考えずに反射的に行動しようとするわけです。

FXで「闘争・逃走反応(強いストレス状態)」を示しているあなたは、いつものあなたではない

目の前のチャートの動きに反射的に反応してしまい、後になって「なんで、あんなところでエントリーしたんだろう……」とガッカリする。

これは、典型的な「FXあるある」ですが、ここまでの話で、そうなってしまう理由が分かってきたのではないでしょうか?

未来が分からない状態で、自分の大切な資金をリスクにさらす──その重要な判断を迫られるのがFXというものです。

もし、チャートを見ながらハラハラドキドキしているなら、そのときあなたは「闘争・逃走反応」に陥り、一時的にIQが下がっていて、目の前のレートの動きという「刺激」に過剰反応しやすくなっているのです。

つまりそのとき、あなたは「いつものあなた」ではなくなっているのです。

強い言葉でいえば、一時的にバカになってしまっているのです。

そんなお馬鹿さんに、あなたの大切な資金の運用を任せておけますか?

この事実を知るだけでも、FXで生き延びられる確率は高まるはずです。

FXで恐怖(ストレス)を感じて「闘争・逃走反応」に陥ってしまったら?

では、FXで恐怖(ストレス)を感じて「闘争・逃走反応」の状態になってしまったら、どうすればいいのかについて、順を追って説明していきます。

まずは恐怖(ストレス)を自覚することから

まずは、自分がどのくらい恐怖(ストレス)を感じて「闘争・逃走反応」を起こしてしまっているのか、それを自覚することが大切です。

「闘争・逃走反応」が起きているサインは肉体にあらわれますから、それに注目します。

具体的には次のような体調の変化があらわれます。

  • 心拍数が明らかに早まる。
  • 夏でも指先が冷えてくる。
  • 口が乾いてくる。

その他の特徴的な反応として、腰のあたりがフワフワした感じになって、トイレへ行きたいような感じがしたり(膀胱がゆるむ)、ひざの力が抜けたような状態になったりします。

何より、「闘争・逃走反応」の状態になってしまうとIQが下がってしまい、反応している自覚もなくなってきますから、その最中に「理性で気づく」のは至難の技です。ですから「体からのサイン」にだけは、何とかして気づけるようにしてください。

そのために役立つ情報は、こちらの記事で解説しています。

FXでの悩みといえば、「ポジポジ病」や「損切りできない病」をはじめとした、「メンタルの悩み」が筆頭にあげられるでしょう。 メンタ...

「闘争・逃走反応」に気づいたら、リスクから「逃げる」

エントリーする前に「闘争・逃走反応」に気づくことが出来たら、とにかくイスから立ち上がって、デスクの前から少しでも離れてみてください。

すると、体からのサインがフッと弱まりますから、そうなれば「自分がどれだけ恐怖を感じてマズい状態だったか」が、徐々に実感できるようになってきます。

この体験が、今後あなたがメンタルの取り組みをしていく上での「ひとつの基準」になってきます。

この「自分がどれだけ恐怖によってダメな状態になっていたか」という記憶は、これからの変化や成長を実感していく基準点、つまり「ゼロ地点」となるものです。

「闘争・逃走反応」に陥ったとき、ポジションをもっていたら?

エントリーしてポジションをもっているときに、「闘争・逃走反応」のサインに気づいたら、理想的な対応は「ポジションを決済してしまうこと」です。

含み益だろうが含み損だろうが、とにかく決済してしまいます。

言い方を変えると、「目の前の状況からサッサと逃げて、安全な場所へ避難する」のです。

今のままでトレードを続けても、長期的に勝ち続けることは困難ですし、無理を続けてもストレスによって体調を崩してしまいます。

ただ、この場合「大き過ぎるポジションサイズ」が原因の可能性もありますので、ポジションサイズを半分以下にしてトレードしてみて、同じような反応がでないか確認する──という選択肢もあります。

「闘争・逃走反応」を起こさないようにするには、どうすればいいのか?

穏やかさ・確率思考

では、FXで「闘争・逃走反応」を起こさないようにするには──つまり、チャートの値動きに恐怖(ストレス)を感じないようにするには、どうすればいいのでしょうか?

まずは、自分が「闘争・逃走反応」の状態になったときに、トレードの判断や行動のなかで色々な「体からのサイン」を感じ取ること。これがスタート地点になります。

そして次に、それを出来るだけ感じなくするための取り組みを行っていきます。

そもそも、そこに恐怖を感じるものなど無いはず

ここまでの復習ですが、「闘争・逃走反応」が起きるのは、目の前の状況を「命にかかわるリスクだ」と判断してしまい、それに恐怖(ストレス)を感じるからでした。

しかし、よく考えてみて下さい。

目の前の液晶モニターに映るFXのチャートは、果たして「命にかかわるリスク」なのでしょうか?

チャートはあなたに襲いかかってきませんし、そもそもあなたを攻撃しようなどと思っていません。

でもあなたは、そこに恐怖を感じています。それはなぜでしょうか?

「お金が減る=命のリスク」という錯覚

人間の本能は、原始時代に生き延びるために形作られてきたものですから、「闘争・逃走反応」を筆頭に、現代社会では過剰な反応を呼んでしまいます。

FXのチャートを見ていて恐怖(ストレス)を感じるのは、「未来が分からない」という根源的な恐怖を呼び起こされることと合わせて、「生き延びるための大切な糧(食料)が失われる」という恐怖を呼び起こされるからと考えられます。

こうした、「未来がわからない」「食料が失われる」という本能的な恐怖を消してしまうことは、そもそも人が人である以上、不可能なことです。

ならば対策方法はないのか──というと、そうではないのです。

現代人は、目の前の状況を間違って認識してしまっているため、本来なんのリスクでもない状況に過剰反応しているだけなのです。

ということは、そこにある「誤った認識(=錯覚)」を解消してやることで、FXでの恐怖(ストレス)を和らげたり解消していける可能性があるのです。

確率思考へのパラダイムシフト

では、現代人が無意識にしてしまっている「誤った認識(=錯覚)」を解消するには、どうすればいいのでしょうか?

それは「確率思考」というものを、しっかりと実感をともなった状態で理解して、身につけることです。

確率思考を身につけることで、チャートの値動きのとらえ方が、根本的に変わります。

それまでは、チャートの未来の不確実さに恐怖(ストレス)を感じ、「闘争・逃走反応」を起こしてしまっていました。

しかし確率思考を身につければ、不確かな未来へ向けて、確率的な傾向に則った行動がとれるようになるのです。

あなたの「誤った認識」を解消して、確率思考を身につけるためのトレーニング方法は、以下の記事で詳しく解説していますので、ぜひ読んでください。

もし、あなたが「FXでなかなか勝てない」と嘆いているならば、そもそも「FXで勝つ」ということが、どういうものなのかを知らないからかもし...

闘争・逃走反応~まとめ

人間は、恐怖(強いストレス)を感じると、「戦うか・逃げるか」の二者択一という、極端な反応をしてしまいます。

これを「闘争・逃走反応」といいます。

この「闘争・逃走反応」の状態になってしまうと、筋肉に優先的に血液が送られたり、脳の理性的な判断力を下げたりして、目の前のリスクに対応しようします。

FXをしていて、恐怖(強いストレス)を感じている状態だと、あなたのIQは下がってしまい、この状態だと、本来のチャート分析やエントリー&エグジットの判断をすることは、とても望めなくなります。

そうならないためには、現代人が無意識にしてしまっている「誤った認識(=錯覚)」を解消する取り組みが、とても重要になってきます。

以上、恐怖ストレスと闘争・逃走反応。FXで勝てないのはバカになってるから?について、お伝えしました。

こちらの記事もおすすめです

目の前にエントリーチャンスがやってきたけど、「損切りになって資金が減るのが怖い……」と思ってしまい、どうしてもエントリーできない──そ...
誰もがぶつかる困難な壁のひとつ『チキン利食い』。 もし、チキン利食いを克服する方法があるとしたら、あなたは知りたいですか? ...
「FXをやっていることを周囲には内緒にしている」という人は多いですし、あなたもその一人ではないでしょうか? 内緒にしている理由は...
「FXで勝つのは難しい」「なかなか稼げない」──そんな悩みの背景には、相場の世界独特の”ある理由”が潜んでいます。 この理由を理...
勝てるFXトレーダーにあって、負けるFXトレーダーにはないもの。 「それは、やっぱり勝てる手法でしょ?」「勝ち方を知ってるってこ...
「デモや練習では勝てるのに、リアルトレードで負けるのは、なぜだ?」と思っているなら、それは、FXで有利に戦うための「心理的なクセ」をも...