昔、友人が見せてくれたトレードの話。FXで勝つための本質はシンプル

FXで勝つための本質はシンプル FXに役立つ話

経験者から学ぶ」のは、何かに上達していくための重要項目です。FXで勝てるようになる確率も、経験者から学ぶことでグッと高まると実感しています。

こんにちは、FXトレーダーのmono(Twitter@fxmono1)です。

今回は、昔、友人が私に実践して見せてくれたトレードのお話です。

口数がそれほど多くないその友人。「FXで勝つためのポイントはシンプルだし、限られてもいるのだ」と、実際に私の目の前で実践して教えてくれました。

その友人は、FXでちょっとした財産を築いていた

友人との関係は、当時わたしが引っ越しをしたこともあって、数年ほど疎遠になっていました。そこへ、他の知り合いづてに、その友人が「FXでかなり稼いだそうだ」という話を耳にします。

プロフィールにも書きましたが、当時は金銭的に苦しい状況にありましたから、その話を聞いて「その手があった!」とばかりに、私もFXを始めたのです。

最初は、よっぽど彼から直接アドバイスをもらおうとか、あわよくばトレード手法を教えてもらおうとか、いろいろ頭をよぎります。しかし変なプライドや見栄が邪魔をして、素直に行動できませんでした。

まあこれは、今にして思えばそうしなくて良かったなと感じています。

彼は、彼にあった方法でFXで成功していったのですし、それをそのままマネしても上手くいくものではありません。

ましてや彼は、人を指導したり教育したりした経験もなく、一匹狼でやってきた人間です。なおのこと無理なことだったと思いますし、無理に教えてもらっていたら、二人の関係がマズいことになっていた可能性もあったでしょう。

久しぶりに友人と会う

さて、そうして半年ほど経ったころ、あるイベントで久しぶりに彼と会う機会がありました。そして、昔話に花を咲かせる中、自然と我が家でゆっくり会うことになりました。

後日、私の家にやってきた彼とあれこれ楽しく話をしながら、話題は自然とFXのことになっていきます。

そのなかで、彼が実際にしていたトレード内容についても詳しく聞くことができ、「そういうことだったのか」と腑に落ちることになったのです。

当時の彼のトレードスタイル

当時の彼は、MT4をつかったシステムトレードをしていました。

といっても、EAをつかった自動売買ではありません。独自にプログラムしたインジケータにサインを出させ、それに従って自分で発注するスタイルを身につけ、4時間足を執行時間軸にしたスイングトレードを行っていました。

エントリーのフィルターとしてRSIをつかいながら、数日ほどポジションをもつトレードを、週に数回くり返す感じで、その日もひとつユーロドルのポジションをもっていました。

「週末をまたいでポジションをもったとき、一度ひどい目にあったから、金曜には絶対にポジションを決済する」と聞いたとき、当時リスク管理にこだわっていた私は、「やっぱりそうなんだ」と強く納得した覚えがあります。

さらに彼は、MT4でいろいろなトレード手法を研究していて、少数のインジケータを組み合わせて統計を出すことをくり返していました。

「その手法のプロフィットファクターが〇〇以上だと、カーブフィッティングしている可能性があるから、あまりに成績の良すぎるものは、本番トレードでは使わない」と語る彼の様子からは、経験に裏づけられた方法論が身についているのが伺えました。

私のトレードを見て友人が言ったこと

複雑なトレード手法

当時の私は、FXを始めて半年程だったので、まだまだ試行錯誤の最中でした。

ちょっと手応えを感じては、もっと良さそうなものに手を出して──と、そんなことを繰り返していた状況でした。

「少し前までは、こういうふうにトレードしていて、今はこんな感じでトレードしている」

そういって私は自分のトレード記録(チャート画面)を見せながら、トレードの説明をはじめました。

「これが、過去〇〇日のアベレージ・トゥルーレンジ(平均値幅)で、当日に、そのレンジの23.6%(フィボナッチ数)をブレイクしたらエントリーして云々……」

それに対して彼はひとこと、こういいます。「そのレンジブレイクに、どれだけのトレーダーが注目しているかが問題だな」

例えば「前日の高値・安値」のレートは、世界中のトレーダーが注目しているポイントであり、そのブレイクには大勢のトレーダーが反応を示します。

しかし私が設定したレンジとそのブレイクには、果たしてどれだけのトレーダーが注目しているというのでしょうか?

彼は、相場の集団心理の重要性をしっかりと理解しており、彼なりの表現で「集団心理に則ったシンプルな判断を心がけることの重要性」について教えてくれたのです。

友人は目の前でトレードをして見せてくれた

「ところで、MT4はつかってないの?」

そういって彼は、ササッとメタクオーツの公式サイトからMT4をダウンロードして、私のパソコンにセットアップを始めました。

「こうすれば自分でプログラムして検証もできるし、デモトレードも簡単にできるよ。お前もプラグラムが組めるんだから、やってみたら?」

そんなことを言われながら、彼はその場でデモトレードのアカウントを取得して、チャートを設定しながらトレードをはじめました。

トレードルールはとてもシンプルだった

彼が開いたのは1分足チャートで、そこに20MAだけを表示させました。

彼はいいます──

「1分足にしたのは、一番早くチャートが進むからというだけ。実際のトレードでは、ちゃんと検証して時間軸を決めないとダメだから」

「で、ルールは、このMAより上だったら買い、下だったら売りね。支持線や抵抗線に近かったら、そこから離れるまで様子見するということで。あと、利食い損切りは○○pipsで固定して決済」

──そして彼はすぐにエントリーして、トレードを始めました。

勝っても負けても、同じように何度もエントリー

「はい、損切り。で、MAより下だから、つぎは売り」

そんな風にして、サクサクとトレードを繰り返していきます。

ときにはレンジになって、グズグズといつまでも横ばいが続くこともあります。だからといって何をするわけでもなく、ただひたすら利確か損切りのラインに到達するのを待ちます。

「これはどう見ても上昇していく場面だけど、ルールでは売りの状況だから、売りでエントリーする」

そういって売りのポジションをもち、案の定、早々に損切りになってしまいます。

しかし彼は気にするでもなく、サッサと次のエントリーをします。

「はい、次は買いエントリー」

それを見た私は、「だったら最初から買いでエントリーすればいいのに」と思いました。しかし、その考え方こそが「未来を当てようとして目先の利益を追うダメな思考」なのだと、今ではよく分かります。

彼がしていたのは、その正反対の、確率思考に則った「トータルで利益を積み上げていくトレード」そのものだったのです。

トレードを終えて

「こうやってトレードしていれば、FXでは何とかなるものだよ」

結果、トータルで若干の利益となった口座履歴を表示させながら、彼はそういいました。

「こうやってトレードすれば利益が出せる」──まさに、それを実演して見せてくれたわけです。

「今回は、即席で決めたルールだったから、それほど利益は出なかったけど、要するに、こういうことなんだよ」

当時の私はあまりに経験が乏しく、彼のことばの真意を理解することができませんでした。しかし今では、それらがFXで勝つための本質をついたものなのだと、よく分かります。

その後、私は時を経て、彼のメッセージを理解して実践していくことになります。

最後に

こうして、実際に勝っているトレーダーが身近にいたのは、本当にラッキーなことだったと思います。

私がもう少し素直で理解力が高ければ、FXで結果を出すのも、もう少し早まったかもしれませんが、まあ、過ぎたことです。

何はともあれ、勝っているトレーダーがどういうふうにチャートを見て、判断し、トレードしているのか──その様子を見ながら本人から教えてもらう経験は、FXで成功するための大きなアドバンテージになるものだと、強く感じた一件でした。

以上、昔、友人が見せてくれたトレードの話。FXで勝つための本質はシンプルについて、お伝えしました。

こちらの記事もおすすめです

FXで勝つための本質については、以下の記事でも解説していますので、ぜひ読んでみて下さい。

FXで勝つ方法とは?サイコロで確率思考と勝ち方・負け方を知ろう!
もし、あなたが「FXでなかなか勝てない」と嘆いているならば、そもそも「FXで勝つこと」がどういうものなのかを知らないから...
トレード手法よりも重要な「勝ち方の本質」とは?FXを腕相撲で例えてみた
質問です。継続して勝っている“優れたFXトレーダー”がもっているものは、何だと思いますか?「それは、やっぱり勝て...
FXの世界の秘密とは?それを知ることが本当のスタート地点
「FXには、なにかきっと秘密があって、それを知れば勝てるようになるに違いない……!」はい、その通りです。...

(無料)おすすめのテクニカル分析の入門書

ここで一冊、無料で手に入るおすすめのFX入門書『維新流トレード術』を紹介します。

この『維新流トレード術』はテクニカル分析の入門書で、相場の大衆心理(集団心理)を背景にしたテクニカル分析について、初心者にも分かりやすく解説された本です。

チャート画面の向こう側には、あなたと同じように値動きから利益を得ようとする「人」がいて、彼らと戦って勝つためには「相場の大衆心理」を理解する必要があります。

チャートを前にして、あなたがハラハラドキドキ感情的になってしまうのと同じように、チャートの向こう側にいる多くのトレーダーたちも感情的になっています。

これは人間である以上は避けられない面があるわけですが、要するに「市場参加者たちは感情的に行動している」のであり、相場の大衆心理(群集心理・集団心理)を知ることがFXで結果を出すための重要要素なのです。

こうした大衆心理の仕組みを知らないまま、初心者がいきなりトレード手法だけを手にしても、チャートの前で右往左往するだけになるでしょう。

まずはこの『維新流トレード術』を読んで、トレードの世界がどういうものなのか、そして相場の大衆心理に基づいたテクニカル分析がどういうものなのかを、しっかりと理解しておきましょう。

『維新流トレード術』は出版社の販促キャンペーンとして配布されている本なので、申し込むと広告メールが届きますが、このようなしっかりした内容のFX本が無料(送料のみ)でもらえるのは大変お得なので、この機会にぜひ手に入れておいて下さい。

詳しくは下のリンクからどうぞ。

リンク 『維新流トレード術』の詳細はこちら

こちらの本もおすすめです

勝っているトレーダーのトレードスタイルや手法、考え方など、その本当の姿を知ることができる、おすすめの本を紹介します。これを読んで、あなたの「勝てるトレーダーのイメージ」を正しいものにしてください。

マーケットの魔術師 エッセンシャル版 投資で勝つ23の教え
マーケットの魔術師 エッセンシャル版 投資で勝つ23の教え

価格と詳細へ
  • 著者:ジャック・D・シュワッガー
  • 一流トレーダーたちの金言集。本当に強いトレーダーの本質に迫る一冊。
ワン・グッド・トレード──シンプルな戦略に裁量を加味して生き残れ
ワン・グッド・トレード──シンプルな戦略に裁量を加味して生き残れ

価格と詳細へ
  • 著者:マイク・ベラフィオーレ
  • 強いトレーダーと退場していくトレーダーの違いが分かる、迫真のルポルタージュ。
プロ・トレーダー~マーケットで勝ち続ける16人の思考と技術
プロ・トレーダー~マーケットで勝ち続ける16人の思考と技術

価格と詳細へ
  • 著者:ティム・ブールキン, ニコラス・マンゴー, ジョン・ボリンジャー
  • アプローチ方法とテクニック、輝かしい成功例と手痛い失敗例など、本音が凝縮された一冊。
タイトルとURLをコピーしました