サラリーマン兼業FXトレーダー最強説。資金&心理の圧倒的な優位性とは?

サラリーマン兼業トレーダーのイメージ画像

「いつかサラリーマンをやめて、FXの専業トレーダーになる!」

あなたも、そんな風に目標を立てている一人かもしれません。しかし「今のあなたの環境こそが、絶好のFX環境なのだ」と聞いたら、どう思いますか?

こんにちは、FXトレーダーのmonoです。

今回は、サラリーマン兼業FXトレーダーがもっている、資金面と心理的な優位性についてお話していきます。

これを知れば、これからのFXの取り組み方や気構えが変わってきて、トレード結果も好転する可能性があります。

あなたのFXトレード資金は増えていますか?

いきなりですが、質問です。

あなたは兼業トレーダーとして日々トレードをしているわけですが、FX口座の資金は増えていますか?

もし毎月、減っていっているなら、そのFX口座に「追加で入金」していますか?

もし兼業トレーダーとしてFXをしながら、毎月FX口座に「追加で入金」しているのなら、これからお伝えしていくことを、じっくり考えてみて欲しいのです。

あなたの給料は、マイナスになりますか?

さて、FXの専業トレーダーというのは、文字通り「FXだけで収入を得ている」ということです。

その月のトレードの成績が良ければ、それなりに利益が得られるわけですが、もしマイナスでその月が終わってしまうと、その月の収入はゼロどころか、FX口座の資金を食いつぶす結果になってしまうのです。

これがどういうことなのか、あなたは本当に理解できていますか?

仮にあなたが営業のサラリーマンだったとして、会社から「今月は営業成績が悪かったので、罰金○○万円だ!」といわれて、あなたの銀行口座から勝手に引き落とされてしまったら、どう思いますか?

または、あなたが事務職だったとして、「トラブルが発生したので、連帯責任で罰金○○円だ!」といわれて、これまた銀行口座から理不尽にも引き落とされてしまったら、どうでしょう?

FX口座に追加入金できる──それは「富の泉」をもっているということ

つまり、毎月ちゃんと給料が入ってきて、その中からFX口座へ入金し続けられるというのは、じつはとてもスゴイ環境なのです。

いうなれば、兼業トレーダーは毎月の給料という「富の泉」をもっているのです。

たとえ給料が少なくて、毎月のお小遣いが足りない状況だったとしても、FX口座へ追加入金しているそのお金は、専業トレーダーから見れば「富の泉から湧き出すお金」なのです。

その金額は、けっして多くはないのかもしれませんが、その「富の泉」からは毎月こんこんとお金があふれ出ていて、FX口座を満たしてくれているのです。

これが、どれだけ大きなアドバンテージ・優位性なのか、自覚できていますか?

兼業トレーダーとは違う、専業トレーダーの心理的プレッシャー

兼業トレーダーと違って、「富の泉」をもたない専業トレーダーは、もしその月がマイナスで終わってしまったら、その減ったFX口座にあわせてポジションサイズを小さくして、次の月を戦わなくてはいけません。

口座資金を回復させるために、どこかから資金を借り入れるという方法もありますが、そんな余計なリスクを取る選択肢は、基本的にあり得ません。

順調に勝ち続けていて、積極策として資金を集めるというのなら理解できますが、負けた損失を補填するために借り入れて口座資金を回復させるなど、愚策というべきです。

ですから、調子を崩したり、トレードがまったく噛み合わなかったりして、その月がマイナスになってしまったのなら、まずその負けをいさぎよく受け止める。そして、減ってしまった口座資金に合わせてポジションサイズを落とし、そうやって次の月にいどむのが専業トレーダーの姿です

また、FX口座の資金が減っていくということは、「専業トレーダーとしての終わりが近づいていること」を意味するわけで、不調に陥ると、これが心理的なプレッシャーにもなってきて、専業トレーダーを苦しめます。

兼業トレーダーがもつ「富の泉」の上手な使い方

富の泉のイメージ写真

いかがでしょうか。兼業トレーダーのあなたがもっている「富の泉」の素晴らしさを、再認識できましたか?

いくらあなたが「給料が少ない」「小遣いが足りない」と思っていたとしても、減ったFX口座に追加入金しているというその事実が、あなたに「富の泉」があることを証明しているのです。

せっかくなら、兼業トレーダーのメリットである「富の泉」を上手に使って、FXでの成功へつなげてみませんか?

FXをせずに放っておくと、どうなるか?

今のあなたの状況は、「富の泉」から出てくるお金を毎月FX口座に入金して、そして口座のお金が減ったら、また「富の泉」のお金を入金している──というものです。

ここで試しに、FX口座へ入金するのを止めてみたら、どうなるでしょうか?

今までだったらFX口座へ入金していたお金が、まるまる手元に残ります。

そして時間が経てば経つほど、「富の泉」から出てきたお金は、文字通り「水があふれるように」たまっていきます。

この現状を、しっかり見つめてみる

耳が痛いかもしれませんが、あなたが本当に成功への道へ近づいていくためにも、この先のお話を聞いてもらえればと思います。

ズバッというと、現状はFXをすればするほどお金が減っていっている状況です。

ここから、よく聞いてほしいのですが──

もし、あなたが「FX口座のお金を増やしたい」のなら、最善の方法は「FXのリアルトレードを、一時的に休止すること」です。

そうすることで、あなたの「富の泉」から湧き出すお金によって、あなたのお金は自動的に増え続けていくのです。

「はあ!?」という声が聞こえてきそうですが、この事実をしっかり見つめることで、成功へ向けた本当のプランが見えてきます。

「サラリーマン兼業トレーダー向け」おすすめプラン

私が考える、サラリーマン兼業トレーダーにおすすめなプランは、次のとおりです。

「サラリーマン兼業トレーダー向け」おすすめプラン

  1. 毎月、FXの資金を積み立てていく。
  2. その期間にFXの勉強と練習、検証をおこない、デモトレードを重ねる。
  3. デモトレードで安定して結果が出せるようになってきたら、積み立てていた資金をつかって、有利な状況でリアルトレードを本格的にスタートする。

これが、本当に低リスクで確実性が高い方法ですし、こうやって実力を身につけてから、専業トレーダーとして独り立ちするべきかを検討すればいいのです。

しかし「今すぐトレードして儲けたい!」というタイプの人には、残念ながらまったく響かないプランです。

ですが、ここまで読んでくれているあなたなら、この兼業トレーダー向けプランがもつパワーを、少しでも感じてもらえているのではないでしょうか?

兼業トレーダー向けプランをやってみたら、どうなる?

この「サラリーマン兼業トレーダー向けプラン」を実際にやるとどうなっていくのか、具体的に説明していきましょう。

まず最初に、あなたがFXにつかえるお金として、手元に「5万円」あったとしましょう。

先月と今月のお小遣いを集めたのか、ボーナスから抜き出しておいたのか、それは分かりませんが、とにかく5万円あります。

しかしこれではトレード資金としては乏しく、1万通貨のポジションをもつのがやっとですが、トレード自体は何とか可能です。

人によっては海外のFX会社のハイ・レバレッジ環境をつかって、一発でドカン!と儲けようとするかもしれません。

あなたはトレードはせず、別の行動をはじめる

しかしあなたは、このお金でいきなりトレードしたりはせず、まずは本を読んだりネットで調べたりして、FX全体のことや、テクニカル分析などの勉強を始めます。

また、FX会社で口座を開設して、そのFX会社のチャートをつかって、自分でもテクニカル分析をしたりして、スキルアップを重ねていきます。

他にも、過去チャートをつかって自分なりに模擬トレードをしてみたり、FX口座にログインして動くチャートを観察して、実際の相場というものを肌で感じてみます。

時間が流れ、苦労しながらもスキルアップしていく

練習、検証のイメージ写真

その後、あなたはテクニカル分析にも慣れ、自分なりの基準をもってトレード戦略を立てて、チャートを観察できるようになってきました。

ここまでの間には、チャートを見るのが面倒になったり、イヤになったりもしましたし、模擬トレードの結果が良くなくて、イライラ・ムカムカして物に当たったこともありました。

「本当に勝てるようになるのか……?」と、夜ふとんの中で不安になることもありましたが、リラックスするためにFXから何日か離れてみると、気もちが落ち着いてきて、またチャートに向かえるようになりました。

そんな苦労がありながらも、過去チャートでの検証を重ねてきて、自分がトレードすべき場面が分かるようにもなってきました。

そしてこれまでずっと、一ヶ月が過ぎるたびに、2~3万円(ボーナス月は多めの金額)をFXの資金として積み立てています。

最初は「5万円だけじゃ大きな利益はムリだな……」と思っていましたが、気がつけば数十万円になっていて、ちょっといい感じの資金量になっています。

しかしあなたは、「デモトレードの結果が不安定なので、まだリアルトレードをするのは早い」──そう感じています。

スキルアップと自己信頼の向上という「好循環」が生まれる

それから、どれくらいの月日が経ったでしょうか。

あなたはデモトレードで安定した結果が出せるようになり、「いくら相場と噛み合わなくても、ひどい結果になることはない」──そういう自己信頼が備わってきていました。

そして、積み立てていたFX資金はさらに増え続け、大きくなっていました。

あなたはプランの途中で、自分のトレードスキルへの自信と、成功への希望がわいてきたので、積み立てる金額をがんばって増やしていたのです。

こうなってくると、スタート時のトレード資金としては十分です。

いよいよリアルトレードを開始しますが、慎重なあなたは、いきなり大きなポジションではトレードせず、それまでのデモトレードとの感覚の違いに集中します。

そして、徐々にポジションサイズを大きくしていき、こうして気がつけば、FXで利益を手に入れられるようになっていたのです──それも、サラリーマンのままで。

しかし、FXの不調の波はやってくる

兼業トレーダーとして日々、帰宅後のFXをしていますが、やはり不調の波はやってくるものです。

「ダメだ、ぜんぜん上手くトレードできない……」と、アタマを抱える状態に陥ってしまい、FX口座のお金もジワジワと減っていきます。専業トレーダーとして独立する目標も怪しくなってきました。

そこであなたは、とにかく資金の減少が収まるまで、トレードするポジションサイズをグッと減らすことにします。

そうする内にまた給料日がやってきて、そこからいつものようにFX口座に入金をしました。

そうです、リアルトレードを始めてからもずっと毎月、一定金額をFX口座へ入金し続けていたのです。

このお金があるおかげで、損失を小さくおさえてジッと耐えてさえいれば、FX口座のお金は自動的に回復してきます。

ですから、調子が回復したときには、すぐにまた大きなポジションでトレードすることが可能になります。こうしたことが、あなたの心理的な安定につながっていくのです。

ここから先、時間と移動(生活場所)の自由を求めて専業トレーダーになるかどうかは、あなたの価値観や人間関係によるでしょう。副業レベル+αの利益で満足して、今の生活を続けていくのか、それとも更なる可能性にチャレンジするのかは、あなた次第です。

サラリーマン兼業FXトレーダーの資金&心理的な優位性~まとめ

──いかがでしょうか?

この内容を、夢物語や理想論として無視してしまうことも自由です。しかし「今の環境の中でも出来ることがある」と感じられて、あなたなりの具体的なプランが見えてきたのなら、この記事を書いた意味があったというものです。

ぜひ、兼業トレーダーならではの「富の泉」の価値を生かして、FXに取り組んでいって欲しいと思います。

プランの最初にある「FXの勉強」に役立つものとして、おすすめの本を紹介した記事がありますので、参考にして下さい。

「FXの本は色々あるけど、結局どれを読んだらいいんだ?」 「これだけは読んでおけ!っていう、決定版のおすすめ本はどれ?」...

また、ベテラントレーダーのトレード技術を学びながら着実にスキルアップしていく、おすすめの方法についての記事もありますので、こちらも参考にして下さい。

初心者がFXで勝てるようになるためには、トレード手法を手に入れるだけでは不十分です。必要なのは、専業トレーダーとしてのスキルを身につけ...

目先の利益を求めていきなりリアルトレードをして、その結果、しなくてもいい失敗をしてお金を失うくらいなら、そのお金をあなたの将来への投資に使ってほしいと思います。

以上、サラリーマン兼業FXトレーダー最強説。資金&心理の圧倒的な優位性とは?について、お伝えしました。

こちらの記事もおすすめです

「FXをやっていることを周囲には内緒にしている」という人は多いですし、あなたもその一人ではないでしょうか? 内緒にしている理由は...