「相対力指数(RSI)」とは?

相対力指数(RSI)とは、テクニカル分析で用いられる、オシレーター系のインジケーターの1つで、「買われ過ぎ」や「売られ過ぎ」を示すテクニカル指標です。

一般には、RSI(Relative Strength Index)と呼ばれます。

FXでの基本的な使い方は、この数値が30%以下なら売られ過ぎていて、反転上昇の可能性があると判断し、70%以上なら買われ過ぎていて、反転下降の可能性があると判断します。

このように、一般的には逆張りトレードのために用いられています。

しかし、もちろん絶対ではありませんし、相対力指数が100%に張りつきながら、さらに上昇を続けるケースも見られます。

この現象を逆手に取って、相対力指数をトレンドの強さを図るために用いることもあります。

関連用語 テクニカル指標

以上、FX専門用語「相対力指数(RSI)」の意味と解説についてお伝えしました。

厳選FX口座情報

私が使っているMT4口座

現在、私がリアルトレードで使っているMT4口座はOANDA証券です。

OANDA証券のMT4口座は、サーバ接続速度(Ping)が高速でレート更新頻度も高いので、値動きの推移をしっかり捉えられます。

リアルトレードでMT4を使うなら、OANDA証券がおすすめです。

口座開設 OANDA証券|公式サイト

MT4スプレッド2

プロフィール

fx-monoロゴ名前:mono(モノ)
FX歴12年のトレーダー。

トレードで収益を上げながら、小さなビジネスも経営しています。心理学や脳科学などの専門知識を活かして【トレード技術の上達法】を研究し実践してきました。
詳しいプロフィール

ご意見、ご感想、ご質問はこちらのお問い合わせフォームからお気軽にお送りください。

── この記事をシェアする ──
FXの読み物
タイトルとURLをコピーしました