「バイ・アンド・ホールド」とは?

バイ・アンド・ホールドとは、投資対象となる外国為替や株式、債権などを、長期間保有して続けてリターンを求める手法のことです。

文字通り「買って」「もち続ける」という意味になります。

デイトレードスイングトレードなどの短期売買とは、まったく対象的な売買手法です。

バイ・アンド・ホールドの実践においては、そもそも短期売買のような利益確定は行いません。

多くの人がバイ・アンド・ホールドだと思っているトレードは、単に期間が長いスイングトレードである可能性があります。

バイ・アンド・ホールドの出口戦略(決済ルール)は、利益確定としてではなく「資金の移動」が目的になるといえます。

ポートフォリオの調整として、リスクの高くなったアセットクラス(資産分野)を、別の安全なアセットクラスへと移し替えていくのです。

関連記事 昔、投資信託の分散投資で失敗した話。FXに活かせる教訓とは?

以上、FX専門用語「バイ・アンド・ホールド」の意味と解説についてお伝えしました。

厳選FX口座情報

私が使っているMT4口座

現在、私がリアルトレードで使っているMT4口座はOANDA証券です。

OANDA証券のMT4口座は、サーバ接続速度(Ping)が高速でレート更新頻度も高いので、値動きの推移をしっかり捉えられます。

リアルトレードでMT4を使うなら、OANDA証券がおすすめです。

口座開設 OANDA証券|公式サイト

MT4スプレッド2

プロフィール

fx-monoロゴ名前:mono(モノ)
FX歴12年のトレーダー。

トレードで収益を上げながら、小さなビジネスも経営しています。心理学や脳科学などの専門知識を活かして【トレード技術の上達法】を研究し実践してきました。
詳しいプロフィール

ご意見、ご感想、ご質問はこちらのお問い合わせフォームからお気軽にお送りください。

── この記事をシェアする ──
FXの読み物
タイトルとURLをコピーしました