FX用語「こ」コツコツドカン、コンコルド効果、雇用統計、豪ドル…の意味

あ行か行さ行た行な行は行ま行や行・わら行

コツコツドカン

コツコツドカンとは、小さい利益を積み重ねながらも、一回の大きな損失でその利益を失ってしまうことです。

コツコツと利益を積み重ねても、ドカン!と負けて失ってしまう様子をあらわしています。

その背景には、利益は少しでも早く確定したいという思いと、損失はできるだけ確定させたくないという思いがあり、この心理的な特徴はプロスペクト理論として知られています。

FXで感情に任せてトレードすると、人間である以上、必ずコツコツドカンになってしまう傾向がありますので、その対策をおこなうことが重要になってきます。

明確なトレード手法をもって、それに従って行動し続けるというのは、コツコツドカンを回避するための有効なアプローチなのです。

別のコツコツドカンもある

コツコツドカンというと、このようにマイナスイメージをもつものですが、まったく逆の意味も含んでいます。

つまり、コツコツ負け続けながらも、ドカン!と勝って、トータルでプラスの利益を得るという意味です。

これは、1回のトレード当たりの利益と損失の比率(リスクリワード比)が大きい──損失pips(ピップス)よりも利益pipsが大きいことによって可能になります。

具体的には、-10pipsの小さな損切りをくり返しながら、利益を伸ばせる状況では値動きについていって、+30~50pipsといった大き目の利益確定を目指すトレードスタイルです。

トレンドフォロー系のトレードスタイルには、こうしたコツコツドカン型のものが多く見られます。

関連記事 『チキン利食い』とは?その原因と克服方法。対策用の決済ルールを解説

関連用語 割に合わない悪い癖

口座維持手数料

口座維持手数料とは、FX会社が口座を維持・管理するための手数料のことです。

FX取引が日本で始まって最初の頃は、一定期間内に取引がなかった口座に対して徴収されるケースがありましたが、現在では見られなくなりました。

また、口座維持手数料があった時代でも、期間内に1回でもトレードすれば無料になるというルールが多かったため、実質的には口座維持手数料は無料だったといえます。

こうした制度は、できるだけ口座開設者にアクティブにトレードしてもらいたいという思惑から出来たものといえるでしょう。

関連用語 証拠金維持証拠金

コンコルド効果

コンコルド効果とは、客観的な判断ができず、投資をやめられない心理状態のことを指します。

これは、経済学でいうサンク・コスト(埋没費用)のことで、投資を中断すると、これまでに投じてきた費用がムダになってしまうという思いから、やめるという選択が取れなくなってしまうのです。

客観的に考えれば、現状で結果が出ていなかったり、損失が増えているのであれば、これ以上の資金の投入はマイナスを増やすことにしかならず、一刻も早くやめることで、将来の無料なマイナスを食い止められるはずです。

しかし、すでに投じた資金が、さも「貯金や積立金」かのように思えてしまうことから、それを手放すことに大きな心理的な抵抗を感じてしまうのです。

本当は、貯金でも積立金でもなく、すでに使って失ったお金ですから、これは誤謬というべきものです。

「含み損」は、さらに判断を狂わせる

含み損というものは、まだ確定していない損失なので、余計に客観的な判断を狂わせるものといえるでしょう。

確かに、そこには「建値に戻って、さらに利益になる可能性」も、あることには違いないからです。

しかし、事前に取り決めたトレード計画によって「見込みなし」と判断されたなら、一刻も早く損切りをおこない、実損を確定させて、証拠金を開放させて次のトレードへ向かうことが最善と考えられます。

含み損のポジションを、ルールに背いて維持し続けることは、将来の(時間とお金の)機会損失だといえるのです。

関連用語 悪い癖

ゴールデンクロス

ゴールデンクロスとは、設定期間の異なる移動平均線同士がチャート上で交差することで、この場合は、長期の移動平均線を、短期の移動平均線が、下から上へ交差することを指します。

下のチャートは、100期間と20期間の移動平均線がゴールデンクロスした様子です。

※クリックすると拡大します。

これは、相場の流れが下降~横ばいから、上昇へ転じた可能性を示すサインとして用いられていますが、相場に絶対はありませんから、あくまでも相場参加者の思惑を読み取るサインのひとつとして利用することをおすすめします。

ちなみに、ゴールデンクロスは移動平均線だけでなく、MACDやストキャスティクスなどを使ったテクニカル分析でも取り入れられています。

関連用語 移動平均線、デッドクロス、クロス

行動ファイナンス理論

行動ファイナンス理論とは、「人は心理的・感情的な要因によって、必ずしも合理的な判断のもとに行動するとは限らない」という前提に立った経済理論のことです。

ダニエル・カーネマン博士によるプロスペクト理論が、2002年にノーベル経済学賞を受賞したことから注目度が高まり、行動ファイナンス理論は一気に経済学の大きな流派となりました。

それまでの経済学では、「常に合理的な判断をおこなう人」をモデルとして研究されてきたこともあって、その根底を大きく覆すものとしてのインパクトがあったのです。

しかし、よく考えれば、日常感覚として「人は不合理なものだ」ということは、人生経験上の常識ともいえるわけで、ようやく経済学が実質にそったものに近づいたという風にいえるかもしれません。

関連用語 プロスペクト理論

豪ドル

豪ドルとは、オーストラリアの通貨単位のことで、オージードルとも呼ばれます。

豪ドルは、オーストラリアが資源国ということもあり、資金流入を目的に高金利ですが、国の経済規模が小さいため、指標や政変などの材料があると、レートが一方向に動きやすいという傾向があります。

ちなみに、オーストラリアは1966年まで、長らくイギリスポンドを中心とした「ポンド通貨圏」に属していて、通貨は豪ポンドが用いられていた経緯があります。

関連用語 イギリスポンド

雇用統計

雇用統計とは、毎月第1金曜日に米国労働省から発表される、米国の雇用情勢を示す統計のことで、米国の景気状況を探るうえで最も重要な指標のひとつです。

米国の景気の実体を表す最新の数値として、あらゆるマーケットに影響を与えるため、多くの市場関係者が注目する経済指標です。

中でも、非農業部門雇用者数と失業率は大きな注目が注がれる指標であり、この数字が事前の予想に対して期待以上かそれ以下で、相場に動きがあらわれる傾向がありますし、連邦公開市場委員会(FOMC)の金融政策決定にも大きな影響を与えています。

関連用語 経済指標指標トレード

関連記事 『経済指標』とは?指標カレンダーの使い方&指標トレードのリスク